読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがで夜更かし

「なぜあなたは漫画を読むのですか?」と聞かれたら、そこに漫画があるからと答えます。

月光条例 感想 【おとぎばなしのキャラクターが暴れ出す】 藤田和日郎

ファンタジー

月光条例(1) (少年サンデーコミックス)

マンガワンで一気読みをやっていたので、ついつい全巻読んでしまいました藤田和日郎さんの「月光条例」。やっぱり藤田節は健在。目頭が熱くなるシーンがたくさんありました。

 

あらすじは、主人公の岩崎月光の元に御伽草子の物語の一つであり、主人公である「鉢かづき」が現れる。彼女の目的は、青い月による月打(ムーンストラック)を受けて、おかしくなってしまった「おとぎばなし」のキャラクター達を元にもどすこと。

おかしくなってしまったキャラクター達を元に戻す力「月の極印」を得た月光が鉢かづきとともに、読み手(ニンゲン)の世界に出てきたキャラクターと戦ったり、はたまたおとぎばなしの中に入って、おかしくなってしまったキャラクターと戦うというストーリーになっています。

 

 

最初はちょっと読みにくいかも

いきなりネガティブな事を書きますが、正直最初は読みにくい。月光というキャラクターがちょっと陰気だったり、ヒロインの名前(呼び名)がエンゲキブという読みにくい名称だったり、とマイナスな要因が多いんです。

月光のパートナーになるキャラクターである「鉢かづき」も正直なところ、「そんなおとぎばなしのキャラクター初めて聞いたんだけど・・・」という印象なので、ストンとハラオチしないという、読みにくさがありました。

 

 

「赤ずきんちゃん」から急激に面白くなる

この月光条例が面白くなってくる第一段階は「赤ずきんちゃん」、そして第二段階は「桃太郎」のところですね。特に赤ずきんちゃんの方は、月光条例の中でも藤田節が効いた話になっていますね。

イメージ的には、「うしおととら」の「サトリ」を読んでいる気分になりました。「サトリ」は悲しい終わり方でしたが、赤ずきんちゃんはハッピーエンドで終わりますけどね。

 

 

そして最大の山場、「千一夜の月」

この千一夜の月では「アラビアンナイト」が題材になっています。この回が最高に面白い。月光条例の最大の見どころはここにありますね。千一夜の月では、主人公である岩崎月光の生い立ちが明らかになったりと、藤田流の伏線回収が見どころになっています。月光の過去の話が悲しすぎるんだよなぁ。。。

ちなみに「千一夜の月」の後に、最後のストーリーがあるのですが、ストーリー展開があまり好きではないので、アラビアンナイトを最大の山場とさせてもらいました。

 

 

あとがき

感想を書いたつもりでしたが、凄く抽象的になってしまった・・・まぁ、いっか。正直、世界観を描こうと思っても、全部伝えるのは無理だな、って書いてる途中に思いましたね。

この「月光条例」の魅力は、「おとぎばなし」の決まったストーリーを悪く言えば穿った見方で見ていること。例えば、マッチ売りの少女はなぜ死ななければなかったのか?フランダースの犬もそう。

おとぎばなしとしてストーリーが決まっているもの、今までとは違う見方で見たり、違ったストーリーのキャラクターを出会わせる事で、おとぎばなしの物語の成り立ちを異なる視点で楽しめる漫画になっています。

 

兎にも角にも、おとぎばなしのキャラクター同士が出会ったシチュエーションを思いつくなんて、藤田先生の感性は凄いなぁと改めて思いました まる

 

関連書籍

【2016年】マジで面白いオススメマンガ、ランキングベスト100 (2015年を振り返って紹介)

まとめ記事

f:id:tonashiba:20160626013124j:plain

 「マンガ」「オススメ」などで調べるとたくさんのランキング記事やオススメ記事がでてくると思います。やっぱりみんな「これぞ」というマンガがあるんですよね。僕も折角なので、ランキングをまとめてみたくなりました。

 まとめ記事を書かれているブロガーさん達の中には、色々と有名なマンガ家(石ノ森章太郎、手塚治虫、水木しげる、松本零士など)は除くというルールや、連載中、完結の区別はしないとか、色々とルール付けをされているんですけど、今回はシンプルに、

 

「2015年に一度でも目を通したことがあるマンガ」

 

の中からベスト100を選ぶ形式にしたいと思います。これなら、2017年も新しいバージョンで書けますからね。それではオススメ漫画ランキングベスト100、行ってみましょう。それでは、ドーゾ!

 

※2016/06/25修正しました。発刊数を2016/06/25時の情報に書き直しています。また記事の加筆修正を行いました。

 

続きを読む

東京喰種:re :79 「喰らい」 トルソー以上に凶悪な六月の過去が・・・

東京喰種

トルソーが六月を海へ連れて行こうとするシーンで終わった東京喰種第78話「100p」。トルソーの過去が明らかになったと同時に狂気を感じるものでした。

mangade-yofukashi.hatenadiary.jp

 

ところが、今週はさらに狂気を感じる内容がてんこ盛り。トルソーの過去が可愛く見えるくらいの六月の過去が描かれています。それでは、感想いってみましょう。

続きを読む

聖骸の魔女 1巻 感想【12人のはじまりの魔女と重婚しちゃうの?】田中ほさな

ダークファンタジー 10巻以下 マンガレビュー
<本日のオススメマンガ>
 

本日も「まんがで夜更かし」をお読み頂き、ありがとうございます。意外にハーレムものも好きなヒビススムです。

 

紹介するのは、ハーレムの極み"重婚モノ"である「聖骸の魔女」。amazonのあらすじ紹介でもダーク"ハーレム"ファンタジーという、語呂にとても違和感のある紹介をされているこのマンガ。ハーレム好きな僕としては、ツボでした。今回は、こちらのご紹介。

続きを読む

さぼリーマン 飴谷甘太郎 感想【シュール+スイーツの化学反応】アビティ井上、萩原天晴

10巻以下 ギャグ 料理 マンガレビュー
<本日のオススメマンガ>
 

 本日も「まんがで夜更かし」をお読み頂きありがとうございます。シュール系も結構イケるクチなタイプのヒビススムです。

 

 今回紹介するのは「さぼリーマン 飴谷甘太郎」。なんと、「東京タラレバ娘」や「海月姫」などを書かれている東村アキコさんが命名されているマンガ。内容は東村アキコさんの系統とは違う飯テロ系マンガです。

続きを読む

HIKARI-MAN 1~2巻 感想【平凡以下の高校生が光の力を手に入れたら】山本英夫

10巻以下 マンガレビュー SFアクション
<本日のオススメマンガ>

HIKARI?MAN(1) (ビッグコミックス)

 

いつも「まんがで夜更かし」をお読み頂き、ありがとうございます。山本英夫さんの作品が大好きなヒビススムです。

 

さて、今回紹介するマンガは、「殺し屋イチ」、「ホムンクルス」とかなり衝撃的な作品を送り出してきた山本英夫さんの作品。この「HIKARI-MAN」は、実は前2作とはかなり違っていて、割りと読みやすい内容になっています。それではいってみましょー!(※この感想は2巻までを読んで書いています)。

続きを読む

絶対に読むべき超名作「ピアノの森」 このマンガに出会えて本当に良かった

30巻以下 完結 音楽 マンガレビュー
<本日のオススメマンガ>

ピアノの森(1) (モーニングコミックス)

 

本日もマンガで夜更かしをお読みいただき、ありがとうございます。こんにちは、ヒビススム(@manga_yofukashi)です。

 

さて、先日「ピアノの森」を先日読み終えました。これ、凄いですね。音楽を題材にしたマンガというのは最近よく見かけますが、このピアノの森の圧倒的な世界観は、本当に凄い。

 

そんな心に残った名作「ピアノの森」について、読んだ感想を思ったままに書きたいと思います。正直、かなりのネタバレを含むので、先を知りたくない人は読まないで下さい。

この記事は、「ピアノの森を知らない人にぜひ読んで欲しい」という思いと、「ピアノの森を読んだ人達との感想を共有したい」という思いから書く特別な記事です。それではいってみましょう。

続きを読む