読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガルチャー

無料で読めるスマホアプリの漫画を紹介中

【2016年】マジで面白いオススメ漫画、ランキングベスト100

f:id:tonashiba:20160626013124j:plain

「漫画」「オススメ」などで調べるとたくさんのランキング記事やオススメ記事がでてくると思います。やっぱりみんな「これぞ」というマンガがあるんですよね。僕も折角なので、ランキングをまとめてみたくなりました。

ランキングを書かれているブロガーさん達の中には、色々と有名なマンガ家(石ノ森章太郎、手塚治虫、水木しげる、松本零士など)は除くというルールや、連載中、完結の区別はしないとか、色々とルール付けがあります。

僕の場合はシンプルに、「2015年に一度でも目を通したことがあるマンガ」 の中からベスト100を選ぶ形式にしたいと思います。それでは、いってみましょう!

本文の前に【漫画を安く買うなら?】

意外と安く購入できるのが、ebooksjapan(イーブックジャパン)。しかも、amazonなどの履歴に残らないので家族に知られず、自分だけ見たいマンガの購入できます(笑)。さらにほかの他の電子書籍にはない、本棚機能もおすすめの一つ。ebookjapanの使い心地や特徴については下記のページでまとめていますので、よければどうぞ。

レビュー記事:「ebookjapan」が凄くオススメな理由 
公式:電子書籍読むなら≪eBookJapan≫

続きを読む

聖骸の魔女 【12人のはじまりの魔女と重婚しちゃうの?】田中ほさな

聖骸の魔女(1) (ヤングキングコミックス)

今回紹介するのは、ハーレムの極み"重婚モノ"である「聖骸の魔女」。amazonのあらすじ紹介でもダーク"ハーレム"ファンタジーという、語呂にとても違和感のある紹介をされているこのマンガ。ハーレム系の漫画が好きな僕としては、ツボでした。今回は、こちらのご紹介。

続きを読む

さぼリーマン 飴谷甘太郎 【シュール+スイーツの化学反応】アビティ井上、萩原天晴

さぼリーマン 飴谷甘太朗(1) (モーニングコミックス)

今回紹介するのは「さぼリーマン 飴谷甘太郎」。なんと、「東京タラレバ娘」や「海月姫」などを書かれている東村アキコさんが命名されているマンガ。内容は東村アキコさんの系統とは違う飯テロ系マンガです。

続きを読む

絶対に読むべき超名作「ピアノの森」 このマンガに出会えて本当に良かった

ピアノの森(1) (モーニングコミックス)

さて、先日「ピアノの森」を先日読み終えました。これ、凄いですね。音楽を題材にしたマンガというのは最近よく見かけますが、このピアノの森の圧倒的な世界観は、本当に凄い。

そんな心に残った名作「ピアノの森」について、読んだ感想を思ったままに書きたいと思います。正直、かなりのネタバレを含むので、先を知りたくない人は読まないで下さい。

この記事は、「ピアノの森を知らない人にぜひ読んで欲しい」という思いと、「ピアノの森を読んだ人達との感想を共有したい」という思いから書く特別な記事です。それではいってみましょう。

続きを読む

【35作品】休日のイッキ読みに!厳選オススメ完結マンガ

本日も「まんがで夜更かし」をお読み頂きありがとうございます。こんにちは、ヒビススムです。

休日って、マンガ一気読みしたくなる時ってありませんか?僕は衝動的にまとめ買いして一気に読みふける時があります。読んでいる時も幸せだし、読了感みたいなのを楽しむのが大好きなんです。

今回は、完結しているマンガに焦点を当てて、おすすめの漫画をジャンルに分けて紹介していきたいと思います。有名どころばかりなので、詳しい人には物足りないかもしれませんが・・・。それでは、いってみましょう。

続きを読む

【無料で読める】BTOOOM! (ブトゥーム)【爆弾をテーマにしたデスゲーム】井上淳哉

BTOOOM! 01 (BUNCH COMICS)

今日紹介するのは、「BTOOOM!」。ジャンルの位置づけとしては、バトルロワイヤルのようなデスゲーム系のマンガ。

ただしその中に、爆弾で戦うというゲーム要素を加える事で、戦略的に独特の要素が加わり、面白くなっているマンガです。それではあらすじ、感想、いってみましょう!

続きを読む

Amazonから販売中の電子ペーパー「kindle」とタブレット「Fire」シリーズをまとめてみました

 

さて僕も利用しているAmazonなんですけど、電子書籍を使い倒せる電子ペーパーのライナップである「kindle」シリーズと、Amazonのエンターテイメントサービスを全力で楽しめるタブレット端末「Fire」シリーズが販売されています。

当初は端末も少なかったんですが、今となっては電子ペーパーのkindleだけでも4種類もラインナップされている状態になっています。今回は、この「kindle」及び、「Fireタブレット」について、まとめてみたいと思います。

続きを読む