無料で読めるマンガ研究所

無料で読めるスマホアプリの漫画を紹介中

無料で読めるスマホアプリ「Manga-one(マンガワン)」のオススメ作品10選

 

漫画をタダ読みできるアプリといえば、マンガボックス、ジャンプ+、マガジンポケット等、他にもたくさんありますが、今回は小学館の公式マンガアプリ「Manga-One(マンガワン)」で読める漫画について、オススメ作品を10作品紹介したいと思います。  

続きを読む

実写版ベイビーステップを見た感想。思ったよりもいける!

step1

amazonプライムビデオで、凄く心配な漫画の実写化が始まりました。それが勝木光さんの「ベイビーステップ」。原作、大好きなんですよ。常に発売日に買って、kindleで全巻揃えているくらい。

でも、スポーツマンガの実写化って、プレーが結びつかないことが多くて見てられないことってよくありますよね。今回もそういった点ですごく心配でした。

続きを読む

世界はボクのもの 【個性的なキャラが織りなすボクシングギャグ】 若杉公徳

世界はボクのもの 1 (ビッグコミックス)

今回紹介するのは、映画化までされて有名になった「デトロイト・メタル・シティ」の若杉公徳さんが描かれているボクシングをテーマにした漫画

ボクシングものと言えば、血を吐くようなトレーニングの末、対戦相手と拳でを会話し、命を削りあって、最終的には灰になっちゃうイメージがあるかもしれません。ところが、この「世界はボクのもの」では、そんな硬派なイメージは全くありません。

ストーリーは、「マジかよ少女隊」を愛するオタク、砂原世界は超天才的な才能を持つボクサー。ボクシングに全く興味ないのに、アイドルと接点を持つために(貢物をするために)ボクシングの道を志す・・・という内容です。

続きを読む

【2016年】マジで面白いオススメ漫画、ランキングベスト100

f:id:tonashiba:20160626013124j:plain

「漫画」「オススメ」などで調べるとたくさんのランキング記事やオススメ記事がでてくると思います。やっぱりみんな「これぞ」というマンガがあるんですよね。僕も折角なので、ランキングをまとめてみたくなりました。

ランキングを書かれているブロガーさん達の中には、色々と有名なマンガ家(石ノ森章太郎、手塚治虫、水木しげる、松本零士など)は除くというルールや、連載中、完結の区別はしないとか、色々とルール付けがあります。

僕の場合はシンプルに、「2015年に一度でも目を通したことがあるマンガ」 の中からベスト100を選ぶ形式にしたいと思います。それでは、いってみましょう!

本文の前に【漫画を安く買うなら?】

意外と安く購入できるのが、ebooksjapan(イーブックジャパン)。しかも、amazonなどの履歴に残らないので家族に知られず、自分だけ見たいマンガの購入できます(笑)。さらにほかの他の電子書籍にはない、本棚機能もおすすめの一つ。ebookjapanの使い心地や特徴については下記のページでまとめていますので、よければどうぞ。現在、初回購入で半額分のポイント還元キャンペーン中(まとめ買いなら何巻でもOK)なのでかなりお得ですよ!

レビュー記事:「ebookjapan」が凄くオススメな理由 
公式:電子書籍読むなら≪eBookJapan≫

続きを読む

聖骸の魔女 【12人のはじまりの魔女と重婚しちゃうの?】田中ほさな

聖骸の魔女(1) (ヤングキングコミックス)

今回紹介するのは、ハーレムの極み"重婚モノ"である「聖骸の魔女」。amazonのあらすじ紹介でもダーク"ハーレム"ファンタジーという、語呂にとても違和感のある紹介をされているこのマンガ。ハーレム系の漫画が好きな僕としては、ツボでした。今回は、こちらのご紹介。

続きを読む

さぼリーマン 飴谷甘太郎 【シュール+スイーツの化学反応】アビティ井上、萩原天晴

さぼリーマン 飴谷甘太朗(1) (モーニングコミックス)

今回紹介するのは「さぼリーマン 飴谷甘太郎」。なんと、「東京タラレバ娘」や「海月姫」などを書かれている東村アキコさんが命名されているマンガ。内容は東村アキコさんの系統とは違う飯テロ系マンガです。

続きを読む

絶対に読むべき超名作「ピアノの森」 このマンガに出会えて本当に良かった

ピアノの森(1) (モーニングコミックス)

さて、先日「ピアノの森」を先日読み終えました。これ、凄いですね。音楽を題材にしたマンガというのは最近よく見かけますが、このピアノの森の圧倒的な世界観は、本当に凄い。

そんな心に残った名作「ピアノの森」について、読んだ感想を思ったままに書きたいと思います。正直、かなりのネタバレを含むので、先を知りたくない人は読まないで下さい。

この記事は、「ピアノの森を知らない人にぜひ読んで欲しい」という思いと、「ピアノの森を読んだ人達との感想を共有したい」という思いから書く特別な記事です。それではいってみましょう。

続きを読む