読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガルチャー

無料で読めるスマホアプリの漫画を紹介中

青空ラバー【双子の卓球兄弟と女の子】三浦糀(みうらこうじ)

青空ラバー(1) (講談社コミックス)

どうもこんにちは、ススム(@manga_yofukashi)です!!

 

本日公開のマンガボックス読んでいて、凄く惹かれる作品に出会いました。それがこの「青空ラバー」。まだ全容が見えていないので、どんな物語になるかちょっとわからないけど、すごく楽しみなところ。それでは、あらすじ、行ってみましょう!! 

 

※2016/3/14、残念ですが完結となりました。でも凄くきれいな終わり方をしていて、逆に清々しくて気持ちいいくらいに仕上がった作品になっています。

 

<スポンサーリンク>

 

「青空ラバー」あらすじ

両親を亡くし、宮原家で生活している日野陽(よう)と太一(たいち)。陽は卓球選手で将来を期待される一方、太一はそんな兄弟を持ち、周りから比べられることもありながら、明るく過ごしていた。

 

その宮原家には幼馴染みの朱莉(あかり)という女の子がおり、双子の陽と太一はどちらも彼女に惚れていた。陽は太一に対して、卓球の試合で勝った方が彼女に告白するという事を切り出すが・・・。

 

卓球をテーマに、一人の女の子を好きになった双子の男の子たちの甘酸っぱい青春が描く、爽やかなストーリー。

 

感想

双子の兄弟で、片方が優秀、片方がイマイチで、もう一人女の子の設定というのは、タッチが思い浮かぶところですね。

 

ただ、マンガボックスホームページの「青空ラバー」の説明を見ると、「二人とも朱莉を好きになり、卓球で争う」というように書かれているので、タッチとはテイストの違う形になりそう。

 

たしかに、

 

「私は太一のことならなんでもお見通しなんだからね」

 

とか、無邪気に言われたらドキッとして、好きになるよなぁ。

 

まだまだ序盤なので展開が全く読めませんので、今後、話が進んでいったら、このページに感想を追記していきたいと思ってます。月曜日の楽しみが増えたぜぃ!!

 

ところで、Twitterで作者が水彩画のような絵を描かれてるんですけど、絵がめちゃくちゃ綺麗ですね(扉絵のカラー絵もとても綺麗だし)。

 

いくつか三浦糀さんのtwitterで公開されてますけど、ひまわりと一緒に書かれている朱莉ちゃんが一番好きです。絵が綺麗(見易い)のは、マンガにとって、やっぱり重要なポイントだよなぁ。

 

2016/01/05追記

ついに、青空ラバーのコミックスが2016/2/9に発売されるようです。マネージャーとの恋も盛り上がってきてイイ感じなので、コミックスの方も凄く楽しみです。

青空ラバー(1) (講談社コミックス)

青空ラバー(1) (講談社コミックス)

 

  

2016/03/14追記

青空ラバー、全2巻で完結してしまいました。三浦さんの絵、凄く好きだったんですけどね、残念。しかしながら、Twitterで続編を出す事を公表されていますので、そちらが楽しみなところ。

 

マンガボックスになるのか、それとも一般の商業誌になるのかまだ詳細は明らかになっていませんが、発表を待ちたいと思います。めちゃくちゃ楽しみだ!!

 

管理人のヒトコト

管理人
GREEN WORLDといい、青空ラバーといい、マンガボックスの完結が相次いでいる気がする。次の面白いマンガをたくさん出てくる布石だろうか・・・
<スポンサーリンク>