読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがで夜更かし

「なぜあなたは漫画を読むのですか?」と聞かれたら、そこに漫画があるからと答えます。

亜人【登場人物と黒い幽霊のまとめ】桜井画門

SFアクション

亜人(1) (アフタヌーンコミックス)

亜人、なかなかおもしろいですねぇ。現在5巻まで一気読みしてしまいました。亜人そのものについてと、主人公「永井圭」を初めとした亜人の登場人物と黒い幽霊(IBM)について纏めてみました。

 

<スポンサーリンク>

 

亜人とは?

もとは人でありながら、一度死ぬことによって、不死を手にいれた人間の事。物語が始まった当初は、世界では46体の亜人が確認されていた。

 

亜人の特徴は、不死であることの他にもいくつか特徴がある。1つは声により、人を金縛り状態にできる事。これは耳栓で防ぐことができたり、親しい人には効果が薄いといったことから、限定的かつ、脆弱な効果である。

 

二つ目は別種(アドバンス)の場合、黒い幽霊(IBM)を出し、もう一人の自分としてコントロールできる。またこの黒い幽霊は、亜人同士でしか見えず、光の透過率100%、屈折率%の透明な物質とオグライクマ博士は論説しているが、事実は定かではない。

 

人によってタイプが大きく異なり、基本的には人の形状をしているものの、天井を這うことのできるタイプなど特殊なものが登場している。空を飛べるタイプもいるようだ。

 

亜人は死なない生物ではあるものの、死ぬときにあまりにも遠くに離れた肉片は本来の肉体に呼び戻さずに、新しく生成する。

 

そのため、亜人にとっての死の定義は、頭を切り落とされ、頭を本来のものを使わずに再生されることで、その人の尊厳を奪うことと、佐藤は述べている。

 

永井圭(ながいけい)

本作の主人公で、世界で発見された47体目の亜人。小さい時から、非常に頭が良い。病弱の妹がおり、永井は妹を治すために医者になると宣言していたが、物語が進むにつれ、本人の利己的な考えによるものであり、体裁を守るためのものである事が判明。

 

永井の母親も、利己的な描写がかなり多くみられ(犬が死んだときに不良品発言することや、カイと永井の関係性を一方的に絶とうとする)、その性格に影響されているものではないかと推測される。

 

黒い幽霊のタイプはプレーンで他の亜人と異なり、永井の命令無視を繰り返す。しかし重要な局面においては永井を守っている。他亜人の黒い幽霊とは、かなり異なる性質(性格)である事から、佐藤(帽子)も興味を示している。一巻の表紙が永井の黒い幽霊。

亜人(1)

亜人(1)

 

 

佐藤(帽子)

永井圭が初めて出会った亜人。亜人を虐げてきた人間に対して恨みを持っている。人間への復讐のため、田中を脱走させ、製薬会社の破壊、要人の暗殺などを繰り返している。過去、永井との黒い幽霊同士の戦闘の際、頭同士が接触し、お互いの記憶が混濁し、外国人が写る描写があった。

 

黒い幽霊のタイプは三角の頭をしたタイプ。弾丸を通さない体を持つ他、大きな口を用いて、補食するような動作もあった(実際には補食のシーンはない)。6巻の表紙が佐藤の黒い幽霊。

亜人(6) (アフタヌーンKC)

亜人(6) (アフタヌーンKC)

 

 

田中 

国内2例目の亜人、長期間政府に監禁、実験されていた事で人間に対して恨みを持つようになった。

 

黒い幽霊のタイプは、プレーン。佐藤に脱出させてもらってから、黒い幽霊の存在を教えてもらい、出せるようになった。扱っている期間は短いものの、扱いに長けており、ライフル状の麻酔銃を使わせることができたり、遠隔操作で永井圭の妹をさらわせようとした。因みに口はのこぎり状で、指は三本で鋭い爪のようになっている。2巻の表紙が田中の黒い幽霊。

亜人(2)

亜人(2)

 

 

下村

国内で発見されているものの、一般的には公表されていない女性の亜人。厚生労働省に所属し、戸崎の下で働いている。黒い幽霊の扱いにも長けており、クロちゃんと呼んで、愛称もつけている。

 

黒い幽霊のタイプは頭が三角形になっており、格闘タイプ。田中との戦闘で黒い幽霊を用いて戦い、黒い幽霊の頭を砕くことで田中の黒い幽霊を撃退した。ちなみに元の名前は「田井中陽子」。

 

消防士:名前不明

佐藤の暴挙に対して、反対していたために佐藤に捕らえられた男性。職業は消防士で正義感が強い。

 

黒い幽霊のタイプはイガグリ頭のボクサーのような風貌をしており、闘う時の構えかたもボクサーのようである。4巻の表紙が消防士の黒い幽霊。

亜人(4)

亜人(4)

 

 

中村慎也

バイクの事故により、亜人となった青年。国内一例目の亜人であるとともに中村慎也事件の当人でもある。

 

黒い幽霊のタイプはプレーンで、永井圭同様に本人の命令に従わない傾向が見られる。また強い感情をきっかけに起こすフラッド現象(多数の黒い幽霊が多数現れる現象)を用いて、亜人管理委員会の人間数人を纏めて殺害した経緯を持っている。

 

琴吹武

刑務所に捕えられている亜人。黒い幽霊は他にはいない翼をもつタイプである。この黒い幽霊を使って、一度刑務所を脱走している。

管理人のヒトコト

管理猫
佐藤率いる亜人の軍団と、SATの戦いが特に見もの。敵役ながら佐藤がクレバーでカッコイイです。
<スポンサーリンク>

·