読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがで夜更かし

「なぜあなたは漫画を読むのですか?」と聞かれたら、そこに漫画があるからと答えます。

【タダ読み】ドリィ・キルキル【人形たちに蹂躙される世界で抗う者たち】ノ村優介・蔵人幸明

タダ読み ファンタジー

ドリィ キルキル(1) (マンガボックスコミックス)

今回紹介するのは、無料のスマホアプリ、マンガボックスで連載中の「ドリィ・キルキル」。タイトルについている、キルキルという名前の通り、人間が理不尽にやられていくマンガになっています。

 

あらすじ

 主人公の「斑鳩イルマ」は野球部に所属する学生。試合に勝ったご褒美として、マネージャーが部員のみんなとプールに入れるよう準備してくれ、休日を楽しんでいた。そこに突如、謎の蜂のような生物が出現。この生物に刺された人間はドロドロに溶けてしまう・・・さらに人々を追い詰めるように、人形のような生物たちが人間を掃除機のような道具で吸い込み、スパゲッティのようにして排除していく。

 この謎の生物の襲来により、イルマの仲間達は全ていなくなってしまい、孤独な半年をイルマは過ごしていた。たまたま、立ち寄ったコンビニで食糧調達しようとしていた時にバニラと、そして、ドリィの対抗組織「トライアルアンドエラー」と出会う・・・

 

 

進撃の巨人に近い世界観

進撃の巨人が好きな人はぜひ読んでみたらいいんじゃないかと思います。急にドリィと呼ばれる蹂躙者が現れて、人間をどんどん退場させていく様子はまさに進撃の巨人に近いものがあります。ドリィの見た目は人形がコンセプトなので、巨人たち程、見た目の気持ち悪さはないですけどね。

ちなみに、ドリィキルキルの作者「ノ村優介」先生は進撃の巨人の諫山先生のお弟子さん。だから世界観も似ているんですかね?

 

 

物語の当初はなす術ないが・・・

最初のうちは、イルマを初め人間側には何もなす術がありません。その理由は、ドリィ達が人間からの攻撃を一切受け付けないチート能力を持っているから。ところが、物語が進むにつれて、一部の人たちが「幻気功(ファンタスマ)」という異能力を使えるようになり、ドリィに対抗する能力を手に入れます。

ファンタスマが出てきてからは、人間VSドリィよりも、人間VS人間の構図の方が多くなるので、ちょっと物足りないところはありますが、それでも面白いですね。

 

 

あとがき

マンガボックスの中でも、1話から欠かさず見ているドリィ・キルキル。理不尽モノが好きな僕にとっては、たまらない作品。毎週楽しみにしているので、もっともっと続いて欲しいですね。

 

 

マンガボックスで連載中

【無料漫画】マンガボックス/毎日連載!マンガ雑誌アプリ
【無料漫画】マンガボックス/毎日連載!マンガ雑誌アプリ
開発元:DeNA Co., Ltd.
無料
posted with アプリーチ

 

関連書籍