マンガルチャー

無料で読めるスマホアプリの漫画を紹介中

マンガをお得に買える電子書籍サービス「ebookjapan」のメリット・デメリット

マンガはもちろん面白いですけど、出来るだけ安く書いたくないですか?そんな人のために、お得な電子書籍サービスがあります。

それが、この「ebookjapan」。このサービスは、ポイントのサービスで割引を受けられたり、全巻セット購入により、定価より大幅に割安で買う事ができます。

その「ebookjapan(イーブックジャパン)」のメリット、デメリットについてまとめてみました。お得にマンガを安く書いたい人にとって、とても優れたサービスです。それでは行ってみましょう。

  「ebookjapan(イーブックジャパン)」とは?

 電子書籍を取り扱う会社のうちの一つで、マンガに関しては、14万冊を超える日本最大級の蔵書(2015/12/12現在)を誇り、ジャンプ、マーガレットを販売している集英社、マガジンを販売している講談社など一般的な雑誌の取り扱いも十二分に揃っています。

もちろん、電子書籍の取り扱いはコミックスだけではなく、週刊で販売されている雑誌やライトノベルなども。マンガとは縁遠いですが、子供向けの絵本などの取り扱いもあります。

 

「ebookjapan」のメリット

ポイントの割り増し

「お得にマンガを買う」という観点で、ebookjapanには大サービスしすぎでしょと思う位のポイントサービスがあります。ちなみに下記のコウノドリがサービスしているパターン。

f:id:tonashiba:20151212233432p:plain

 

通常時は、100円につき1ポイントなんですが、なんとポイントが5倍になったり、はたまたコミックスの価格に対して、半分近いポイントが加算される事があります。いつも同じようにポイント割り増ししている訳じゃないんですけど、買おうと思った時にポイント多かったら、嬉しいですよね。 

 

大人買いに強い、「全巻セット割引」

ebookjapanの強みは、全巻セットの割引セールが凄くお得なこと。車が好きな人にとって、バイブル的存在である「頭文字D(イニシャルD)」。48巻セットで、本来24000円(税抜)ですが 、なんと4800円も割引され、19200円になっています。

f:id:tonashiba:20151212232147p:plain

(ebookjapanのホームページより引用) 

 

しかも、この時は、全巻セット割引に加えて、先ほどのポイントも5倍に割り増しされていて960pt(960円分)も付いてきてます。おまけのポイントで、コミックス2冊分くらいに相当するので、凄くお得ですよね。

 

公式HPで販売価格を見てみる→電子書籍読むなら≪eBookJapan≫

 

本棚のような背表紙の表示

お得にマンガを買う事ができるのもさながら、一番オススメしたいのが、この背表紙システム。これがebookjapanの特徴なんです。

f:id:tonashiba:20151212232253p:plain

(ebookjapanのホームページより引用)  

 

ドラゴンボールをはじめ、JOJOの奇妙な冒険など、数多くの作品で背表紙を繋げることで1つの絵になっているマンガを見かけます。残念ながら、電子書籍の多くは、表紙しか配信されないために、このカバーの楽しみがなく、満足度が半減しちゃいます。 

しかし、画像の「天才バカボン」のようにebookjapanには背表紙を見るモードがあるため、シリーズの背表紙を楽しむ事ができます。このシステムがある事を知っていたら、最初からぜんぶebookjapanにしてました・・・残念。 

 

新刊オート購入

電子書籍で買うデメリットの一つが、新刊を見逃してしまうことがあること。 僕自身も、コミックのランキングが上がってきて初めて、「あ、あのマンガ販売されたんだ 」と知ることがあります。

注目しているマンガを見逃さないようにしてくれるのが、この「新刊オート購入」の機能。これを設定しておくと、新刊が発売されると同時に自動的に購入しておくことができます

シリーズごとに設定可能なので、「進撃の巨人」は新刊オート購入で、キングダムはやめとこー、とかもできます。

 

「欲しい本」でキープ

思った以上に便利なのが「欲しい本」でキープしておけること。「あ、このマンガ面白そう→あ、こっちも面白そう、買っちゃお→最初のマンガを忘れる」というのをよく経験していて、後から後悔すること多かったんです。

kindleではこれができないので、欲しい本でとりあえず目をつけておいて、後から考える選択肢を持てることが凄く便利です。

 

ブラウザで立ち読みできる

これもebookjapanの素晴らしいところなんですけど、「ブラウザで立ち読みができる」んですよ。しかも、会員登録しててもしてなくても。 

立ち読みするために、一旦、ダウンロードしてから読む、というのは面倒なんですよね。面白くないときに途中でやめた場合には、余分に通信量がかかってることになりますし。その点、ブラウザで読むことができるのは非常に大きなメリットですよね。

 

便利な支払方法

支払い方法が多岐にわたっているのも便利なところ、クレジットカードはもちろん、楽天銀行、Edyや一般的な電子マネーなんかもいけちゃいます。そして、auかんたん決済にも対応。

f:id:tonashiba:20151212232723p:plain

 

僕はクレジットカード派なんですけど、auかんたん決済に対応しているのは大きいんじゃないでしょうか。手軽に決済方法をとれますし、auかんたん決済を通じて、クレジットカードで払えば、auポイントと、クレジットカードのポイントの両方をゲットできてお得ですよね。

 

「ebookjapan」のデメリット

今まで他の電子書籍を使っていると2種類使うハメに

 以前から電子書籍を使っている人は、一番のデメリットはこれでしょう。使う電子書籍アプリ(リーダー)が2種類になってしまうこと。僕も今はkindleとの2重で使う形になっています。

逆に、ebookjapanから乗り換えたいと思ったときも同様。他のサービスの方がいいなと思った時に、2種類使う羽目になってしまいます。これはどの電子書籍サービスにも言えるので、難しいところですが・・・。

考えようによっては、本棚を分けているよう状態ですので、別々に置いておきたいときにはピッタリかもしれません。正直、家族には見られたくないマンガがある時は2つに分けておける方が便利です。

 

「ebookjapan」のまとめ

 登録はebookjapanのホームページ右上の会員登録から行う事ができます。登録の際には支払いに関する登録はなく(クレジットカードとか、銀行口座の入力はない)、住所氏名を入力する程度なので、「ebookjapanの電子書籍って、こんな感じなんだ」と見て貰ったらいいんじゃないかなと思います。

立ち読みで、1巻まるまる読めるような書籍もありますし、ぜひ一度使ってみては如何でしょうか。特にマンガをコレクションするタイプの人、背表紙で並べられるシステムはめちゃくちゃおススメですよ!!

 

ebookjapanの公式HPを見てみる→電子書籍読むなら≪eBookJapan≫