読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがで夜更かし

「なぜあなたは漫画を読むのですか?」と聞かれたら、そこに漫画があるからと答えます。

ギフト±【表に出ない犯罪者を裁き、その命を活用する女子高生】ナガテユカ

ダークヒーロー

今回紹介するのは、表では裁かれていない人間を闇社会の中で葬り去り、臓器を抜き取る少女をテーマにしたマンガ「ギフト±」です。正直、キツイ描写はたくさんありますが、ダークヒーローっぽさもあるマンガになっています。

 

あらすじと感想

主人公の鈴原環(スズハラタマキ)は、表の社会で隠れた犯罪者達を「鯨」として、捕獲し、その人間から臓器を抜き取る事で、本来臓器の行き渡らない人間に提供する組織の中で解体屋の役割を担っています。

簡単なあらすじの中でも、その描写のキツさが想像できると思いますが、実際に読んでみると、まぁなかなかすごい。内蔵そのものが描写されるシーンは少ないので、医療系のマンガと比較するとまだましかもしれません。

 

1巻では割りと数話レベルで終わる話が多くなっています。1巻で出てくるのは、わかりやすいくらいの犯罪者と、乳児遺棄を繰り返す母親の話。

社会悪(マンガの中の位置づけ的には、命を大事にしない人間)は、裁かれるべきと思っていても現実世界ではそうはいきません。あくまでマンガの中の話ですが、こういった闇の犯罪者を極端な方法で裁く、という事で、ダークヒーロー感が強いです。

 

読んでいて設定が似ているなぁと感じたのは、ヤングジャンプで連載されていた予告犯ですね。これも表に出ない犯罪者を裁くという事で、ギフト±と非常に似た印象を受けます。

予告犯 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

予告犯 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

でも、個人的にはギフト±の方が面白い。というのは、あくまで主人公は「命を大事にしないといけない」という思いがあって初めて動いているから。

さらに予告犯は、犯罪者をめった打ちにして終わりですが、ギフト±は、犯罪者は始末するけど、そこから本当に必要な人に利用するという最終的なゴールが全く違うのも、ギフト±の方が面白く感じる理由です。

 

1巻のラスト以降は、単発の話ではなく1巻レベルで続く話になっていますから。ボリュームが出てきます。

内容としては、臓器売買といえば、なんとなく想像してしまうマフィアの存在。そういった組織的な話の内容が大きくなってきます。

 

もちろん単発の方の話も面白いですが、この組織的な話の方もかなり面白い。特に中国マフィアの結末は、主人公の環はまさにダークヒーローそのものでした。

 

2016年4月段階でまだ4巻しか出ていないので、手の出しやすい本作「ギフト±」。ちょっとキツイ描写でも大丈夫+ダークヒーローが好きって人(予告犯や殺し屋イチなど)には是非オススメしたい作品です。

ギフト± 1

ギフト± 1