読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがで夜更かし

「なぜあなたは漫画を読むのですか?」と聞かれたら、そこに漫画があるからと答えます。

銀狼ブラッドボーン 1巻 感想【70歳の吸血鬼ハンターと歯の化け物の戦い】艮田竜和,雪山しめじ

ダークファンタジー

銀狼ブラッドボーン 1 (裏少年サンデーコミックス)

最近、mangaone(マンガワン)にずっとハマっています。世界鬼、メジャー、クロガネなど、色んな種類のマンガがあるなかで、一番気に入ったのが、銀狼ブラッドボーン

 
それでは、あらすじ、感想行ってみましょう!  
<スポンサーリンク>

 

あらすじ

ある町に、骨抜き(アンボンド)事件と呼ばれる事件が起こっていた。この事件の被害者の遺体からは、骨のみが無くなっており、唾液が検出されていた。
 
警察からの依頼を受け、骨抜き事件の真相を追う、70歳、吸血鬼ハンターの「ハンス・ヴァーピッド」。そして、骨抜き事件の犯人で、歯の化け物「グリム」
 
彼らの戦いが幕を上げる。
 

感想

グリムがイイッ!!

銀狼ブラッドボーンの主人公は、もちろん人間のハンスなんですが、その相手で、狂言回しの立場でもあるグリムのキャラが如何にも敵役らしい。
 
グリムは歯の化け物で、その歯を使って人間の骨を食べるわけですが、今まで歯に着目した化け物なんていました?
 
このグリムはそういった点で、とても斬新なキャラクターに設定されています。
 
ちなみに、口癖は挨拶するときの、「トゥーッス」。洒落が聞いてますね。
 
 

絵が上手いのがイイッ!!

マンガワンで連載しているマンガ家のほとんどの人に言えることですが、この銀狼ブラッドボーンもそのうちの1つ。
 
グリムのゲテモノ感、ハンスのスピード感溢れる戦いの様子。マンガワンで無料で読めるレベルではない事に、とても驚きです。
 

まとめ

まだ1巻が出たばかりなので、伏線回収も含めて、展開が楽しみな「銀狼ブラッドボーン」。
 
年老いたハンスが、どうやってグリムを始めとしたメンバーと戦っていくのか?そして、グリムによって、墓を暴かれたハンスの妻イザベラ・ヴァーピッドはどうなるのか。
 
今後も注目です!
 
銀狼ブラッドボーン(1) (少年サンデーコミックス)

銀狼ブラッドボーン(1) (少年サンデーコミックス)

 

 

<スポンサーリンク>