読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがで夜更かし

「なぜあなたは漫画を読むのですか?」と聞かれたら、そこに漫画があるからと答えます。

お前はまだグンマを知らない1~3巻 感想【秘境グンマに括目せよ】井田ヒロト

ギャグ

お前はまだグンマを知らない 1巻

ご当地漫画はたくさんありますが、その中でも特におすすめなのが、この「お前はまだグンマを知らない」。これ、めちゃくちゃ、面白いんです。

 

秘密の県民ショーを毎週、楽しみに見ている方。この漫画は読んでみて、損はありませんよ。日本に残された最後の秘境「グンマ」を、より詳しく知ることができますから・・・

 

それでは、あらすじ、感想行ってみましょう。

<スポンサーリンク>

 

あらすじ

チバから、地球に残された唯一の秘境「グンマ」に転校することになった主人公「神月 紀(かみつき のり)」。そこは、グンマ至上主義とも言える、グンマ県民達が居た。

 

グンマ県民かどうかを判別するための「上毛かるた」、罪人を縛り付けておくためのひも川うどん。グンマの特色、名物、風習を風刺したギャグ漫画、ここにあり!!

 

感想(ネタバレ有、注意)

あらすじだけでは、この面白さは伝わらない

あらすじ書いておいて、何を言っているんだ、コイツは?と思われるかもしれませんが、本当に書いた通りなんです。

 

多分、「お前はまだグンマを知らない」の面白さは伝わらない・・・僕にもっと語彙力があれば・・・、申し訳ないです、井田ヒロトさん、そして鶴舞う形のグンマ県の皆様。

 

キャラクター達のグンマ愛、濃過ぎ

そもそも、主人公の小学校の友達の轟二矢(とどろきおとや)のグンマ愛に溢れた設定が面白すぎるんです。グンマ名物、水沢うどんで宙を待ったり、定期的に、グンマの名泉を摂取しないと発作を起こしたりとか・・・

 

他の名前の付いていない脇役達のグンマ愛の濃さもなかなかの濃度。あぁ、文章で伝わらないであろう事が悲しい・・・

 

普通に秘境グンマの勉強になる

例えば、第2話に収録されている「起立、注目、礼」。タイトルそのままですが、グンマの号令は、謎の「注目」というのが入るそうです。

 

他にも、運動会の時には、赤組、白組ではなく、「赤城団」、「榛名団」と、山の名前で組分け(団分け?)されているそうです。運動会という要素を伝えずに話をすると、頭文字Dと勘違いしてしまうかもしれませんね。

 

まとめ

お前はまだグンマを知らない 1 (BUNCH COMICS)

お前はまだグンマを知らない 1 (BUNCH COMICS)

 

ご当地マンガとして、身内ネタにならないように、丁寧な解説を盛り込みながら、ハイクオリティなギャグを展開してくれるこの「お前はまだグンマを知らない」。めちゃくちゃ面白いので、ぜひ一度ご賞味あれ。

 

個人的には、グンマのライバル県「トチギ」のウツノミアを題材にした「ニンニクナックル」というマンガにも注目しています。

 

ニンニクナックル(1) (RYU COMICS)

ニンニクナックル(1) (RYU COMICS)

 

 

関西人としては、同じようなご当地ものとしてぜひ「和歌山」に焦点を当ててマンガをつくってほしい。醤油とか、みかん、南紀白浜アドベンチャーワールド、とか、題材は山ほどありますから・・・

<スポンサーリンク>
 

巻別あらすじ

2巻

お前はまだグンマを知らない 2巻

お前はまだグンマを知らない 2巻

 

  グンマと敵対する勢力であるトチギが攻め混んできた2巻。元チバ県民である神月は百衣大観音に拉致されてしまう。

 

そこにはトチギの究極経口摂取物「しもつかれ」を腰に巻き付けられ、白衣大観音から吊るされた神月の姿が。

 

そして、トチギ陣営には「しもつかれ」を食べていない事で、グンマもトチギも関係ない、体にかんぴょうを巻いた平等な殺戮マシーンが轟き達に襲いかかる。

 

あ、そういえば白衣大観音から神月を吊るしている紐も、かんぴょうなのである。水沢うどんにはできない芸当である。

 

3巻

お前はまだグンマを知らない 3巻

お前はまだグンマを知らない 3巻

 

 2巻よりもグンマのコアな情報が濃縮されている気がする3巻。童謡の「海」の作者がグンマ県民って知らなかった・・・海無し県なのに・・・

 

そして謎のグンマ県民の祝日。そして世界に4つしかないハーゲンダッツの工場の1つがグンマだったとは・・・。グンマがニホンと国交断裂したらアジアのラグジュアリーアイス界に激震が走るなぁ。

 

後半の、吉田松陰の話はちょっといらないかも。だってそもそも山口県の話しだし。

<スポンサーリンク>