読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがで夜更かし

「なぜあなたは漫画を読むのですか?」と聞かれたら、そこに漫画があるからと答えます。

彼女はろくろ首【ほんわか、亜人の青春コメディ】二駅ずい

ギャグ

彼女はろくろ首(1)

最近、亜人(妖怪?)の青春コメディ、流行ってませんか?この「彼女はろくろ首」もそうだし、ペトスの「亜人ちゃんは語りたい」もそう。ちょっと毛色が違うところでい言うと、「モンスガ」とかもそうだし、「モンスター娘がいる日常」なんかも。

 

古来の日本の歴史から言うと、ろくろ首はコメディになるはずもなく、怪談物として怖がられる存在のはずなのなに、この「彼女はろくろ首」の主人公「鹿井(かのい)なつき」には可愛さが溢れちゃってます、不思議だ。

 

さて、それではあらすじと感想言ってみましょう!

<スポンサーリンク>

 

あらすじ

主人公の鹿井なつきは恋する高校一年生、かつ「ろくろ首」。興奮したり、びっくりしたら、首をついつい伸ばしてしまうし、興奮してなくても、自由自在に伸ばすこともできちゃう。

 

そんな鹿井は家の隣に住む、宮間一樹の事が気になってしょうがない。周りの人に茶化されると、隠しきれず、顔に、もとい首に出る。そんな二人を中心とした青春コメディ。

 

感想(ネタバレ有、注意!)

ろくろ首の「鹿井」がとにかく、可愛い!

まず前提として、鹿井は「ろくろ首」であることを誰にも隠してないんですよね。だから、恥ずかしくなったりすると首を伸ばすし、サッカーのヘディングする時にも伸ばすし、一樹に恥ずかしい事言われた時には首を伸ばして、頭突きする。

 

そんな、ろくろ首ならではのアクションと、鹿井の恥ずかし気な表情が合わさって、とても描写が可愛いんですよ。

 

ろくろ首ならではのギャグがいい

 ろくろ首ってどんなイメージあります?

 

人の首に巻き付く?

 

 

2階の窓なのに、ニュッと出てくる?

 

 

そんな怖いイメージは全くありません。鹿井のろくろ首ギャグ、これがとてもほんわかしていて、かつ面白くてイイんです。

 

例えば、鹿井が気になっている隣の家の男子「一樹」と一緒に自転車で、高校まで競争するシーンがあるんですが、「競った最後で首を伸ばしてゴールする」とか、暑い日に、「体はベット、頭は首を伸ばして冷蔵庫に突っ込む」とかいうシーンがあります。

 

この「首が伸びる」というろくろ首の最大の特徴をギャグに投入する、これがこの漫画の大きな魅力です。

 

作者の描写が上手い

絵が上手いのはもちろんの事、鹿井のもどかしい表情を描いているのが、とても素晴らしい描写なんです。

 

特に中でも注目なのが、鹿井の唾液を出すために、首周りのマッサージを一樹が行うシーンと、最後のキスシーン。

 

気になっている一樹と、距離が近くなり、緊張してしまう鹿井の様子が、可愛らしく、そして甘酸っぱく描かれています

 

まとめ

最近の亜人ブームの中でも、とてもオススメな「彼女はろくろ首」。特に「亜人ちゃんは語りたい」を好きな方は一読の価値ありですよ。

 

彼女はろくろ首(1)

彼女はろくろ首(1)

 
<スポンサーリンク>