読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがで夜更かし

「なぜあなたは漫画を読むのですか?」と聞かれたら、そこに漫画があるからと答えます。

火葬場のない町に鐘が鳴る時【冥奴様が迎えに来るよ】和夏弘雨、碧海景

パニックホラー

火葬場のない町に鐘が鳴る時(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

LINEマンガのストアで、「怖いけど面白い!」の項目のところに入っていてずっと気になっていた作品。

 

この「怖いけど面白い」で、ジャンル分けされているマンガは結構当たり外れがあるんですけど・・・このマンガはどうか・・・それでは、あらすじ、感想行ってみましょう!! 

<スポンサーリンク>

 

あらすじ

主人公「卯月勇人」が昔暮らしていた三途州町には、6時の鐘が鳴るまでに家に帰らないと、冥奴様に連れていかれるという言い伝えがあった。

 

父親の仕事の都合により戻った勇人は初日から、その6時の鐘が鳴ったときに、外に居てしまい、異形の化物「冥奴様」と出くわしてしまう。

 

感想

発売されている2巻まで読んだんですが、一言で言うと、「微妙」ですね、とんでもなく面白いわけでもないし、逆にとんでもなく面白いわけでもない。

 

この物語の中で、謎の存在である「冥奴様」の設定は悪くないんですけど、主人公がいちいち、正義感を振りかざして立ち向かっていくシーンがいらないのかなぁ。

 

 

最近、パニックホラーのマンガが増えていることは個人的に凄く嬉しいんだけど、早い段階から、主人公が、「俺がやらなきゃ誰がやるんだ!」的なやつが多すぎる気がする。

 

そういう意味でも、規格外にビビリな主人公が登場する「アイアムアヒーロー」には、なんともいえないリアリティがあるんだろうなぁ。

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時(1) (ヤングマガジンコミックス)

火葬場のない町に鐘が鳴る時(1) (ヤングマガジンコミックス)

 
<スポンサーリンク>