読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがで夜更かし

「なぜあなたは漫画を読むのですか?」と聞かれたら、そこに漫画があるからと答えます。

キリングバイツ 1~3巻 感想【可愛い女の子が獣に・・・】村田真哉,隅田かずあさ

SFアクション

キリングバイツ1(ヒーローズコミックス)

以前、ULTRAMANにハマってから、月間ヒーローズのマンガを読み漁っていました。その中で、出会った面白そうなマンガ、それが「マジェスティックプリンス」と今回紹介する「キリングバイツ」

 

月刊ヒーローズというタイトルもあって、掲載されているのはヒーローものばかりかと思いきや、この「キリングバイツ」にヒーロー性は全くありません(笑)。でも、女子高生が獣化して戦うとか、もうそれだけで面白くないですか?

 

それでは、あらすじ、感想、行ってみましょう!!

 

「キリングバイツ」あらすじ

女子高生の「瞳(ヒトミ)」に言われて、ごみ処理場に連れてこられた「野本 裕也」。そこは4大財閥「八菱、三門、角供、石田」が獣闘士(プルート)を戦わせて、賭けを行う「牙闘(キリングバイツ)」であった。そこで待っていた「獅子(レオ)」の獣人は野本を殺そうとする。そこを間一髪で救った「瞳」。彼女も獅子と同じ、獣闘士「ラーテル」であった。

 

百獣の王で今までキリングバイツで無敗であった「獅子」の猛攻を防ぎ、一撃で倒したラーテルの瞳。その結果、他の獣闘士からも狙われ、「ヤマアラシ」、「チータ」などが彼女に襲いかかる。さらに財閥のトップからも目を付けられ、獣人同士でのキリングバイツのバトルロワイヤル、「獣獄刹(デストロイヤル)」に参加させられる・・・

 

「キリングバイツ」感想

人間が獣の遺伝子を持ち、自由自在に変身して戦うという事で、テラフォーマーズにとても似てます。というかそっくりです。ただ、私はテラフォーマーズよりもキリングバイツの方が好きです。その理由はいくつかありますが・・・

 

  1. キリングバイツの方が絵が上手くて、見易い
  2. 女の子のかわいさは圧倒的にキリングバイツの方が上
  3. ヒトミを初め、女ん子の半獣人感がとてもセクシー
  4. テラフォは人VS人の戦いばかりで、コンセプトが崩れてる気がする
  5. テラフォのよくわからないセンスのギャグがちょっと受け付けない

 

の5点。書いてて思いましたが、凄く客観性の欠いた理由だなぁ(笑)

 

主人公の獣化モデル「ラーテル」

この動物は「世界一恐怖を知らない動物」としてギネスブックにも登録されています。そのラーテルの遺伝子を組み込まれている「瞳」は傲慢そのもの。でも面倒を見ている「祠堂」にはデレデレ、好物の蜂蜜を食べている時もデレデレ。この瞳のツンデレ感がかわいいですね。

 

ちなみに、テラフォーマーズでもラーテルは登場します。残念ながら、ワンパンで一瞬で退場させられてしまうのですが・・・。

 

他の獣人キャラクター達

また、他にも登場する「ヤマアラシ」や「チータ」という女の子もいるのですが、こちらもなかなか可愛いです(ちなみにチータの子は2巻の表紙にもなっています)。

 

また、男の獣人もあらすじで述べた「レオ」や「ベア」というタイプが出てくるのですが、こちらは女の子の半獣人っぽい感じと異なり、完全に獣っぽくなる感じです。どうせなら、獣人は女の子だけの方が良かったんじゃないかと思いますが・・・、まぁいいでしょう。

 

「キリングバイツ」まとめ

テラフォーマーズが好きな人は、この獣化して女の子達が戦うキリングバイツにすごく入り込みやすいと思います(男性キャラも出てくるので、悪しからず)。ぜひ一回、手に取ってみては如何でしょうか。

 

それでは快適なマンガライフをっ!!

 

「キリングバイツ」巻別まとめ

2巻

キリングバイツ2(ヒーローズコミックス)

キリングバイツ2(ヒーローズコミックス)

 

 デストロイヤルが始まる2巻。「虎」、「熊」、「ゴリラ」など様々な獣人が出てきますが、残念ながら、そのほとんどが男性。ちなみに「虎(ティガ」は、男性では珍しい半獣人キャラクター。強キャラ感が半端ないです。

 

後、2巻の初めにはヒトミとエルザがコスプレをするサービス回があります(しかも、巻頭カラー有)。表紙で気に入った人は2巻までは読むべし!

 

3巻

キリングバイツ3(ヒーローズコミックス)

キリングバイツ3(ヒーローズコミックス)

 

 表紙になっているのは、「守宮(ヤモリ)」がベースになっている獣闘志「風間楓(かざまかえで)」。このヤモリとチータの「エルザ」の戦い、そして「コブラ」と「ラーテル」の戦いが中心。

 

個人的には石田財閥の「河馬(ヒポポタマス)」の岡島壱之輔がお気に入りキャラ。たしかカバって、おとなしそうな風貌と違って、凄く危険性の高い動物のはず。

 

キリングバイツ中で、どういう風にカバの良さが描かれてくのか楽しみなところです。