読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガルチャー

無料で読めるスマホアプリの漫画を紹介中

心が叫びたがってるんだ。 【声の出せない少女の本当の気持ち】 超平和バスターズ、亜久井 真

 心が叫びたがってるんだ。 1 (裏少年サンデーコミックス)

2015/09/09から映画が公開されている「心が叫びたがってるんだ。」、略して、「ここさけ」。サンデーの提供している、「Mangaone(マンガワン)」アプリで提供されており、コミックスとして、1巻が発売されたばっかりです。

 

映画も面白いらしいですが、コミックスも、とても面白い。最初の数話から、心がキューっとなる表現が盛りだくさんになっています。

 

それでは、あらすじ、感想行ってみましょう!!

<スポンサーリンク>

 

 あらすじ

いつもは、あらすじは書き起こしをしているのですが、ちょうど映画化されたタイミングという事もあり、ANIPLEXの公式チャンネルの予告編ムービーがあるので、まずはこちらでどうぞ!!

 

 

予告編を補足すると、主人公の「成瀬順」は、子供の頃、父親が丘の上のお城から、母親と違う女性とともに出てきた事を、自分の母親に伝えた事で、両親が離婚。そして、その時現れた玉子の妖精に、喋れなくなるようにチャックをされてしまう。

 

その成瀬が、高校生になって、地域交流会でミュージカルのメンバーに選ばれ、感情が高ぶった時、歌なら声を出せる事に気づき、メンバーとともに自分を出していく、という話。

 

因みに、悩みを抱えているのは成瀬だけではなく、他の主要メンバー3人もそれぞれの悩みを抱えているところも、この漫画の注目ポイントなんです。

 

コミックス感想:1巻(2巻以降は随時追加)

コミックスの出だしは「成瀬」がほとんど出てこないのがイイっ!!

あらすじ、映画の予告編を見ていただくと成瀬が主人公だというのがわかっていただけると思うのですが、コミックスでは、第4話まで成瀬は出てきません

 

1~3話では、成瀬とともに地域交流会に参加するメンバーの紹介が一話ずつ展開されます。中でも1、2話の話が少し続いているような感じで、正直、坂上拓実が主人公で、仁藤菜月がヒロインなんじゃないの?と思ってしまうくらいでした。

 

でも、主人公が最初から出張ってくるよりも、周りのメンバーの性格、家族背景をきちんと紹介してくれた方が、イメージを具体化して感情移入できるので、結果的にとてもイイ構成になっていて、話が読み易く展開されています。

 

周りのメンバーの悩みがイイっ!!

成瀬の他にいる、主要キャラクター3人も過去の経験から、心に悩みを抱えたまま生きています。

 

個人的に、一番初めに出てくる「坂上拓実」の悩みがいいですね。なんだか、全てを諦めているような感じのあるタイプのキャラが、今後ミュージカルを通じて、メンバーと青春していく様子は、見ごたえがありそうです。

 

また、1話、2話で展開されている坂上と、仁藤の恋模様、そして仁藤に憧れている田崎も注目のポイント。成瀬も含めてどのように展開されていくのか? 楽しみなところですよね。

 

成瀬の悩みが重い・・・けど、イイっ!!

本作の主人公、「成瀬順」がまともに出てくるのは4話から。その4話では、成瀬がなぜ声を出せなくなったのか?という回想シーンが描かれています

 

無邪気で夢見がちだったが故に、小学生の成瀬順が母親に発した一言が家族の崩壊を招き、そして、玉子の妖精という存在に、精神的に言葉を封じ込められてしまう。

 

そういった背景が丁寧に描かれているが故に、成瀬に感情移入しやすいように構成されている点が、とても魅力的なところですね。

<スポンサーリンク>

 

まとめ

本作は、「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」、略して「あの花」と同じスタッフで映画が作られている事もあり、注目度の高い本作「心が叫びたがってるんだ。」。

 

ぜひコミックスで手に取って読んでみては如何でしょうか。一巻から、その魅力に引き込まれること間違いなしですよ。

 

それでは、今日も楽しいマンガライフをっ!!

心が叫びたがってるんだ。 1 (裏少年サンデーコミックス)

心が叫びたがってるんだ。 1 (裏少年サンデーコミックス)

 

 

ちなみに、小説版も販売されています。

小説 心が叫びたがってるんだ。 (小学館文庫)

小説 心が叫びたがってるんだ。 (小学館文庫)

 
<スポンサーリンク>