読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがで夜更かし

「なぜあなたは漫画を読むのですか?」と聞かれたら、そこに漫画があるからと答えます。

ライアー×ライアー 1~5巻 感想 【義理の姉が高校生に変装したら、弟に惚れられた?】金田一蓮十郎

恋愛

ライアー×ライアー(1) (デザートコミックス)

こんにちは、日比ススムです!

 

先日、「ゆうべはお楽しみでしたね」の記事を書きましたが、この漫画を読んでから金田一蓮十郎さんにハマっています。この人の世界観、好きだわぁ。

 

今回紹介するのは、「ライアー×ライアー」。ちょっとオタクの入った「ゆうべはお楽しみでしたね」とは異なり、もの凄く少女マンガらしい作品です。それでは、いってみましょう。

<スポンサーリンク>

 

「ライアー×ライアー」あらすじ

ちょっと潔癖症な気質を持つ20歳の主人公「高槻湊(たかつきみなと)」が、友達の引っ越しの手伝いに行ったとき見つけた友達の高校の制服。

 

ちょっとしたキッカケで高校の制服を着て、濃い目の化粧をして、渋谷に出かけた湊は、そこで自分の義理の弟の「透(とおる)」とバッタリ出くわしてしまう。

 

そこで湊は透に対して、「知り合いのソックリさんだよ」と言って、嘘をつく。その嘘を弟は完全に信じて、猛アプローチしてくるが・・・。

 

感想

勘違いから始まる物語、大好きです!

姉がついたささいな嘘から始まった、自分の義理の弟との関係。弟が自分の姉と気づかずに勘違いした事で、物語がスタートしているんですけど、こういうストーリー展開、大好き。

 

この記事を書いている段階で、まだ3巻までしか読めていないんですが思った以上に二人の関係性は濃いものになってしまっています。まさに究極のブラコン。これは、いいのか・・・?まぁ、面白いし、マンガだからいっか。

 

湊の優しさ

なぜか、周りに対してあまり興味も抱かずどことなしか悲し気に見える透は、どこか心に傷を負っているように見えます。

 

姉として透に接してこれなかった湊は、透が本気で好きになった女子高生「みな」として接することで透に優しくするんですけど、このシーンの数々がとてもイイ。

 

「みな」は架空の女子高生で実際には存在せず、透を騙しているという罪悪感は感じながらも、「みな」によって癒されている透を見て、嘘を明かせないという湊の優しい心から来る矛盾が、見ていて心苦しくなります。

 

透はなぜ、自分の姉にソックリな「みな」を好きになったのか?

物語の一番大きな伏線は、ここですよね。本当は、姉である湊と喋りたくない、接したくない、と言いながらも、本当はやっぱり仲良くしたかったのかなぁ。

 

「ライアー×ライアー」というタイトルの様に、実は嘘をついているのが湊だけではなく、透も敢えて「気付かない」という嘘をついているんでしょうかね?

 

まとめ

勘違いから始まる事で、かなり特殊な状況を描いたマンガですが、凄く面白いこの「ライアー×ライアー」。架空の女子高生「みな」が、どういう形で透に本当の事を告白するのか、めっちゃ楽しみ。

 

どんな風に結末を迎えるのか。透と湊、そして嘘の存在である「みな」の3人に、最後まで目が離せませんね。

 

ライアー×ライアー(1) (デザートコミックス)

ライアー×ライアー(1) (デザートコミックス)

 

  

管理人のヒトコト

管理人
金田一さんの画の雰囲気、ストーリー展開全てにおいて凄く好みなマンガ。これ読み終わったら、次は「ラララ」かなぁ。
<スポンサーリンク>
 

 

巻別まとめ

2巻

ライアー×ライアー(2) (デザートコミックス)

ライアー×ライアー(2) (デザートコミックス)

 

女子高生みなとして、透から絶賛モテモテ中の湊ですが、大学で烏丸さんに告白されるという謎のモテ期が到来。そして、透はみなと二人きりになる口実を作るために一人暮らしを始めるが・・・という2巻。

 

この2巻は透の心情の変化を見ていて、とても切なくなります。みながいなくなった事で凄く落ち込み、久しぶりに会った事で心から喜ぶ様子までがたまらないですね。

 

しかし、何故これほどまでに「みな」じゃないといけないのか。その辺りの伏線回収がより楽しみです。

 

3巻

ライアー×ライアー(3) (デザートコミックス)

ライアー×ライアー(3) (デザートコミックス)

 

 みなとして会う事が増える一方で、お姉ちゃんである湊としても接する機会が増えてくる3巻。湊が頑張っている様子は、空回りが多いけど、なかなか面白い。

 

一方、みなが桂くんとメアド交換したり、烏丸君にみなでいるところを見つかったりする事で波乱を予感させるような巻にも仕上がっています。

 

4巻~5巻

ライアー×ライアー(5) (デザートコミックス)

ライアー×ライアー(5) (デザートコミックス)

 

湊が自分から透に近づいていけないことを認識して、みなとして近づくことをいとわなくなる4巻、そして歴史研究会のサークルに透が参加してくる5巻。2巻を通じて、ストーリーが大分ややこしくなってきています。もうちょっとシンプルでいいんだけどな。

 

烏丸くんが、みな=湊と知った上で、歴史研究会の合宿に透も参加した事でひと悶着有りそうな感じになっているので6巻が楽しみ。

 

そういえば、塚口先輩、湊の事を好きなのは最初の方からバレバレでしたけど、みなに相談する様子があまりに純情すぎて、可愛いですね。

 

<スポンサーリンク>