読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガルチャー

無料で読めるスマホアプリの漫画を紹介中

【徹底比較】マンガを読むのはスマホ?タブレット?それともkindle端末がいいの?

最近は電車の中で、スマホやタブレットで漫画を読んでいる人をよく見かけます。僕もそのうちの一人。ほとんどの時間を、漫画をはじめ、電子書籍を読んで過ごしています。

一応、スマホ、タブレット、kindleの3種類の端末を持っているので、それぞれの比較をしてみたいと思います。それでは、いってみましょう!!

 

4インチのスマートフォン(iPhoneSE)

このサイズのスマートフォンで漫画は読めなくもないですが、はっきりいってこのサイズは、読むのが辛いレベルです。漫画のコマにもよるのですが、拡大しないと読めないレベルだったことが多々あります。

特に、一番困ったのが「ダンジョン飯」。モンスターのレシピの解説をしてくれる説明部分を読むために、その都度拡大していた覚えがあります。これが意外とストレスなんですよね。

 

4.7〜5.2インチのスマートフォン

このクラスのスマートフォンといえば、通常サイズのiPhoneやXperia、Galaxyなどがあげられます。片手で持てるギリギリのサイズでもあります。

このサイズは漫画を読むのに困りません。先ほどのダンジョン飯もこのサイズのスマートフォンであれば、拡大することなく簡単に読むことができます

 

5.5インチのスマートフォン

スマートフォンとして最大サイズである、iPhoneのPlusシリーズであれば、全く問題なく読むことができます。一般的なコミックと比べてみると、まだまだ小さいのですが、それでも画面の解像度が高いこともあって、読むのに苦になりません。

 

タブレット、iPad等

タブレットのサイズはめちゃくちゃ大きいです。画面が大きくなりすぎて、縦コマだと読むのが辛い・・・。横置きにして見開きにすると、すごく見やすくなります。

iPad Proは作業用のパソコンやイラストを描くのには、とても便利な道具なんですが、重い・・・。ですから、電車の中で立って読むのは辛い端末です。電車の中で座って、読むなら抜群の相性。

理想的には、音量ボタンでのページ送りをbluetoothリモコンで送ることができれば最高なんですが・・・。そこまでは欲張りすぎかな。

 

kindle PaperWhite(ペーパーホワイト)

最後はamazonの公式端末である「Kindle PaperWhite」。これは、「どこでもマンガを読めるツールとしては最強の実力」だと思っています。その理由はいくつかありますが、特に次の3つがそのポイントです。

  1. 電池持ちがとても良い
  2. 文字、マンガが読みやすい
  3. ダウンロードが意外と速い

 

通常のスマートフォンと異なり、カラー画面ではなく、電子インクを利用していることがその理由なんですが、とにかく電池が持ちます。2週間くらいなら、ざらにもちますね。

そして、その電子インクはスマートフォンの画面のように線をはっきりさせません。ハッキリさせないというと、悪く聞こえますが、そうではなく、いい感じに線が馴染んでいるのです。まさに紙に印刷しているような質感。 

最後のダウンロードについては、まさにその通りでダウンロードがすごくスピーディ。スマホより速いんじゃないかということすらあります。本来、スマホの方が処理能力は高いはずなんですけどね。kindleに特化して作っているからなんでしょうかね? 不思議です。

 

まとめ

今回は、電子書籍を読むならどの端末が良いのか?ということをまとめさせてもらいました。次のスマートフォン、どのサイズを買おうかなぁ、という人にとって少しでも参考になれば嬉しいです。

もちろん、今使っているスマートフォンが合わないなら、kindle端末を購入するのもあり。カラーの本でなければ、kindle PaperWhiteは外に出た時のちょっとした相棒になること間違いなしです。