無料で読めるマンガ研究所

無料で読めるスマホアプリの漫画を紹介中

まんが親 感想【漫画家夫婦の子育てエッセイに共感しまくり、笑いどころもたくさんアリ】吉田戦車

まんが親(1) (ビッグコミックススペシャル)

今日紹介するのは、吉田戦車さんの「まんが親」。これはぜひ子育て中、または子育てを終えた人にオススメ。共感できる事間違いなしのあるあるストーリーがたくさんあります。

いつもなら、あらすじ→感想の流れで書くのですが、今回は子育てをテーマにしたまんがのショートショートというスタイルなので、感想から行かせてもらいます。それでは、どうぞ。

あるあるが凄く共感できる(特に妻が)

まず先に言っておくと、うちの妻もこの「まんが親」を読んでめちゃくちゃ共感していました。それはもう、僕の居場所がなくなる程に。

例えば、1巻の赤ちゃんの首のところが洗いにくくて、垢が溜まってしまうところとか、2巻の子供がちょっと話し始めたとき、それっぽい言葉で話すだけで「えらいでちゅねー、賢いでちゅねー」と言ってしまうところとか。

他にも、夫婦の心境を赤裸々に語っているところもあり、親としての感情を共感できるところもたくさんあります。夫婦とは言っても、面と向かっては理解しがたいもの。敢えて、こういったマンガで客観視させて貰える方が、お互いを理解しやすいんじゃないかなぁと(辛くなりながら)思ったりしました。

 

吉田さん、伊藤さん夫婦のやり取りが面白すぎ2

この二人、天才でしょう。1巻で伊藤さん(奥さんの方)がお腹の中に居る子供に声を届けるために、お腹につけた拡声器で「蹴って~」と話すシーンでまず笑いのツボをぐっと、奥深くまで押されてしまいました。

基本的に、3ページ一話で終わるショートショートなので、その度にきちんと笑いを持ってきてくれるこの「まんが親」は読んでいる間、ずっと顔がほころばされてしまいます。

 

このマンガが好きな人には・・・

僕自身こういう育児をテーマにしたマンガは今までほとんど読まなかったのですが、子供が生まれてからよく読むようになりました。子供の病気をに注目した「放課後カルテ」とか、東村さんの「ママはテンパリスト」とか。

マンガではないのですが、このまんが親が好きな人には、ぜひ「はなこのブログ。」を見て欲しいです。僕はこのブログが大好きで、更新されると必ず見に行っています(更新されなくても、笑うために見に行くこともよくあるのですが)。

 

www.hanako-no-blog.com


子育てあるあるを、笑いと合わせて提供していて凄く面白いブログで、声に出して笑ってしまう事必至です。

 

「まんが親」まとめ

最後はなぜかブログの紹介になってしまいましたが、とにかくこの「まんが親」、子育て世代にはもちろんの事、子育てが終わった世代にもオススメ。あんな事あったなぁ、と思い出させてくれること、間違いなしですよ。

そういえば、小さなことなんですが、このまんがの裏表紙にお子さんの写真が載っているのですが、和むのでぜひ見ていただくことをオススメします。

 

関連書籍