読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがで夜更かし

「なぜあなたは漫画を読むのですか?」と聞かれたら、そこに漫画があるからと答えます。

【更新中】読者からオススメ頂いた面白いマンガ、厳選100タイトル紹介します

まとめ記事

どうも、こんにちは、ヒビススムです。

 

おかげ様でもうすぐこのブログも、解説して1周年。これまでは、自分発信で感想を書いてきたのですが、最近読者の皆様から「このマンガ面白いよ!!」とオススメされるがちょこちょこありました。

 

そこで、私ヒビススムが、皆様からオススメ頂いたマンガを責任をもって読んで、記事にする「このマンガで夜更かししてみたら」という企画をすることにしました。この記事では、皆様から紹介して頂いたマンガを100タイトル読んで感想を書いていきたいと思います。それでは、行ってみましょう!!

 

2016/05/20段階で、15タイトルを紹介しています。

 

<スポンサーリンク>

 

 

1.うそつきは殿様のはじまり

嘘つきは殿様のはじまり(1) (少年サンデーコミックス)

嘘つきは殿様のはじまり(1) (少年サンデーコミックス)

 

 主人公の小太郎は、武士の息子でありながら剣術もからっきしな少年。その幼馴染みのおしんが身売りされると知って、彼女を守ろうと二人で逃げようとするが、身売りの迎えの侍に、刀で切られてしまう。

 

目覚めると、自分がすむ城下町の城の中で、そこには若殿となったおしんがいた。おしんは実は城主の隠し子で、女性という性別を隠しながら跡継にならなければいけなかった。そんな彼女を守るために、小太郎が立派な武士になろうとする話。

 

小太郎が弱いながらもおしんを守ろうとする姿はなかなかカッコイイ。特に、一回屋敷を出た後戻ってくるシーンとかすごく良かった。

 

物語はもちろん面白いんですが、巻の間に挟まれる小話に、「へぇ~、そうなんだ」と勉強になるのでこちらも魅力的、歴史好きの方には特にオススメ。

 

「嘘つきは殿様のはじまり」はテリヤマアキラさんからオススメ頂きました。

 

2.4D

4D(1) (モーニングコミックス)

4D(1) (モーニングコミックス)

 

超能力を使える人間=普通の人には見えない四次元が視えるという設定で、4次元の仮説を持つ、主人公の天才数学教師と、実際に四次元が視える女子高生のストーリー。

 

この数学教師の唱える四次元の解説がかなり秀逸で、確かに四次元ってそうかもと、思うことがある。他の能力者とのバトルもかなり見ごたえがあって、四次元の考え方(座標的な)をもとに戦うのは、今までにない発想だと思う。裏返りのシーンはさすがにビビりますので、要注意。。。

 

「4D」はkuyuさんからオススメ頂きました。

 

3.兎が二匹(2巻完結)

兎が二匹 1 (BUNCH COMICS)

兎が二匹 1 (BUNCH COMICS)

 

不老不死の肉体を持つ398歳の女性「稲葉すず」と、ある理由から彼女の元に預けられ、育てられた「宇佐美朔朗」 のもう叶わなくなってしまった、切ない恋の物語。

 

この「兎が二匹」の特徴は、最後のエンディングありきで物語が進むところ。先に最後を見せておいて、本編は回想調で進むんですけど、これのストーリー展開になっているからこそ、切なさが倍増しているんです。

 

全二巻で完結するので、気負わずに読めるのもポイント。ちなみに本来うさぎは1羽、2羽と数えるのが普通なんですが、愛玩動物の場合は、匹と数える事もあるそうです。ラストはハンカチ準備しておくことをお勧めします。

 

「兎が二匹」はレクシアさんからオススメ頂きました。レクシアさんは「HyperLexia」というサイトで面白いマンガをたくさん紹介されてます。

 

4.ガンスリンガー・ガール

GUNSLINGER GIRL(1)<GUNSLINGER GIRL> (電撃コミックス)

GUNSLINGER GIRL(1) (電撃コミックス)

 

 何かしらの理由を抱える少女たちが、機関「公社」にて肉体の改造を施され、機械の体を与えられる。そして条件付けという洗脳を施すことで、パートナーのいう事を聞くようにし、「公社」からの黒い仕事をこなしていく、という内容。

 

実はご紹介いただくまで、全くこのマンガを知らなかったのですが、読んでみるとめちゃくちゃ面白い。機械の体を与えられた女の子達の戦闘シーンの豪快さとパートナーの男性への少女らしい思いがアンバランスな感じになんだけど、調和が取れているのが、すごく不思議な感じ。

 

このマンガを読んでいて、なんとなく「カリュクス : 1 (アクションコミックス)」を思い出しましたね。こちらは女の子の恋の力を、戦闘に使うものでしたが。

 

「ガンスリンガー・ガール」はカズマさんからオススメ頂きました。

 

5.無限の住人

無限の住人(1) (アフタヌーンコミックス)

無限の住人(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 血仙蟲(けっせんちゅう)という蟲を体に埋め込まれた事で、不老不死の肉体を持ってしまった万次(卍)と、逸刀流という流派によって潰されてしまった浅野道場の復讐を誓う浅野凜が、逸刀流に立ち向かっていくストーリー。

 

一言で言うなら、とにかく万次がカッコイイ。不老不死なので、それを活かした斬り合いシーンもさることながら、多種多様な刀を使っているシーンも魅力的。敵キャラも特徴あるやつばっかりです。

 

ちなみに無限の住人の作者「沙村広明」さんは、現在「波よ、聞いてくれ」というラジオDJのマンガを描かれています。全く毛色は違いますが、こちらも面白い作品ですよ。

 

6.王様達のヴァイキング

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

 

 ハッキングを題材とした凄く珍しいマンガがこちら。レノボのPCで金融機関にサイバー攻撃を仕掛ける18歳の少年「是枝」と、大金持ちの投資家「坂井」が手を組んで「世界征服」を目指すのがこちらの王様達のヴァイキング。

 

ハッカーという独特な話なので、すっと入ってくる人は少ないかもしれませんが、読み込んでいくと凄く面白いんですよね。表情の移り変わりとか表現が独特かつ迫力があるので見ごたえがあります。

 

ハッカー作品ではありませんが、このマンガが好きなら、「87clockers」もハマるんじゃないでしょうか。こちらはパソコンのオーバークロックを題材にしたマンガです。

 

7.シグルイ

シグルイ 1 (チャンピオンREDコミックス)

シグルイ 1 (チャンピオンREDコミックス)

 

表紙からインパクトが溢れ出ているのがこちらの「シグルイ」。

ほかのサイトのマンガレビュー記事を見ていると、よく名前を見かけるので、気になりながらも今まで読めていなかった作品。

読んでみたら、めちゃくちゃ面白かったです。

 

ざっくりした内容は、虎眼流(こがんりゅう)の内弟子である二人の天才「藤木源之助」と「伊良子清玄」が命を賭して戦うというもの。

これだけだと、るろうに剣心みたいですがあんなに綺麗な世界ではありません。とにかく血生臭い感じが作品の中に常に漂っています。

ただ、それが武士という人間がいた時の世界なのかなぁと想像してしまうくらいの作品の凄みがあります。

 

進み方としては二人の仕合からなんですが、その仕合にたどり着くまでの回想型で展開されていきます。

藤木は隻腕、清玄は盲目で跛足(片足が不自由)な設定になっていて、どういう経緯でそうなったのか、を回想型のストーリーの中で伏線回収してくれるところも見どころの一つですね。

 

こちらのマンガはプロメテウスさんからオススメを頂きました。

 

8.デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション(1) (ビッグコミックス)

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション(1) (ビッグコミックス)

 

 めちゃくちゃ技術力の高い宇宙人の「母艦」が東京の上空に来たけれども、肝心の宇宙人が弱く、地球人の方が強いために、地球人は戦艦の下で暮らしながらも、普通通りに暮らしているという設定。

 

同じ作者の「おやすみプンプン」を読んだ時も思ったけど、僕は浅尾いにおさんの感覚はわからないなぁ・・・。難しすぎました。

 

 この漫画は、西クッパさんからオススメ頂きました。西クッパさん、オススメ頂いたのに、面白さを共有できず、すいません・・・。

 

8.バジリスク(5巻完結)

バジリスク?甲賀忍法帖?(1) (ヤングマガジンコミックス)

バジリスク?甲賀忍法帖?(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

異能力物が好きな人にオススメしたいバジリスク。

ストーリーとしては、徳川家の跡継ぎを2人の内から一人を決めるために伊賀と甲賀の忍者10人同士で争わさせらるというストーリー。

 

5巻で完結するんですけど、そのほとんどが忍法を駆使したかなり変わった戦いのシーンばかりなので見ていてとても面白い。

 個人的には、お胡夷が能力、キャラクターともに好きですね。肌から血を吸うとか怖すぎません?

戦闘シーンの中では、念鬼と豹馬のシーンが好きでした。まさか豹馬が瞳術使いと思わなかったので、意表を突かれましたね。

 

このマンガは、プロメテウスさんからオススメ頂きました。

 

 

9.僕だけがいない街(8巻完結)

僕だけがいない街(1)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

僕だけがいない街(1)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

 

映画化もされた有名なミステリー作品。ご紹介いただくまで、名前は知っていたんですけど、実は読んだことがありませんでした。

再上映(リバイバル)という主人公が持つ特殊能力と、ミステリーを組み合わせて過去に誘拐殺人された主人公の同級生の女の子、そして母親を過去から歴史を変えながら、誘拐犯を追い詰める事で救おうとする内容。

 

正直な感想としては、1巻は凄くかったるかった。再上映の能力説明の前振りが長いので、盛り上がりに欠けるというのが正直なところ。ただし、2巻で主人公の小学校時代まで再上映するところからは、凄く面白くなる。

特に、小学校まで戻る2回目の再上映からは、特にハラハラした展開を見せてくれるので、ページをめくるドキドキ感がありますし、謎の核心にどんどん迫ってくるので、読むのがやめられませんでした。

 

このマンガは、「もっつあん」さんからオススメ頂きました。

 

10.ケンガンアシュラ

ケンガンアシュラ(1) (裏少年サンデーコミックス)

ケンガンアシュラ(1) (裏少年サンデーコミックス)

 

 ルール無用の異種格闘技戦を題材としたマンガがこちらの「ケンガンアシュラ」。イメージとしては、「グラップラー刃牙」が物凄く近いです。筋肉の書き方とか似てます。

 

ストーリーは、過去より続く「拳願仕合(けんがんじあい)」によって、企業が代表する選手を戦わせることにより、商権、開発権、はたまた金を奪い合うというもの。当初は企業同士の戦いですが、途中から拳願会の会長の座を賭けたトーナメント形式でストーリーが進みます。

 

先に書いた通り、このマンガは「グラップラー刃牙」が好きな人なら、絶対にハマるはず。僕もその一人なので、読み始めたら止まりませんでした。

キャラクターの中では、あじろ水産の賀露が好きです。あの巨体でバランスをとっているシーンは、今後忘れる事はないと思うので。

 

「ケンガンアシュラ」はナナックスさんからオススメ頂きました。

 

 

11.BIOMEGA (6巻完結)

BIOMEGA 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

BIOMEGA 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 これは、凄い!めちゃくちゃ僕好みの作品です、「BIOMEGA(バイオメガ)」。二瓶さんの作品は「シドニアの騎士」を少しだけ読んだことがあるのですが、あんまり画が受け付けなくてほとんど読んでませんでした。

ところが同じ作者であるこの「BIOMEGA」は全くそんな事はなし。これ凄く面白いんで、すぐに完結まで読み切ってしまいそう。

 

内容は、3005年の未来において発生している人間をゾンビ化させるウィルス「N5S」に冒された世界が舞台で、その「N5S」ウィルスに適合した人間「イオン・グリーン」を巡って、主人公造一の所属する東亜重工と、DRFという組織が争うというもの。

 

バイオメガは絵の描き込みが凄くて、どのシーン一つとっても迫力があって読み応えがあります。ウィルスに冒されたゾンビの気持ち悪さも圧巻。また、DRFと造一の戦闘シーンもスピード感、躍動感ともにあふれ出ています。

先にも書きましたが、これは早いうちに全巻読んでしまいたいと思います。2巻以降がめちゃくちゃ楽しみ。

 

「バイオメガ」は西クッパさんからオススメ頂きました。

 

12.オフィス北極星(全10巻)

オフィス北極星(1) (モーニングコミックス)

オフィス北極星(1) (モーニングコミックス)

 

舞台は訴訟大国アメリカ。サラリーマンとして勤めていた保険屋をやめて、アメリカの訴訟対策を甘く見ている日本企業のコンサルタントとして働く主人公「ゴー」の話。

これは凄く大人向け(というか、社会人になってものづくりに携わる人向け)のマンガになってます。こんなマンガあったんだと、ご紹介いただいてびっくりしている限りです。凄く身のためになる。 

 

多くの方が知っていると思いますが、アメリカは訴訟大国。そのため、十分な対策をしていないと、製品物責任を問われる事があります。その中には、信じられないような内容で訴えてきて、結果メーカーが敗訴することもザラにあります。そんな話をマンガで描いているのがこのオフィス北極星なんです。

製造物責任に関する勉強会やセミナーというのは至る所であり、僕自身も過去に受けたことがありますが、このマンガを読むほうが早いんじゃないかと思ってしまうくらい、素晴らしいマンガ。amazonで高評価なのも頷けます。

 

このマンガはあさひさんからオススメを頂きました。

 

13.惑星のさみだれ(全10巻)

惑星のさみだれ (1) (ヤングキングコミックス)

惑星のさみだれ (1) (ヤングキングコミックス)

 

 突然家に現れたトカゲが自分の事を選ばれた騎士と言い張り、主人公の雨宮夕日と共に姫「朝比奈さみだれ」を守り、地球を破壊する魔法使いの泥人形と闘っていくというストーリー。

この作品、色んなところで「面白い」という噂を聞きますし、amazonでの評価も非常に高いんですよね。しかし、残念ながら今まで1巻の途中までしか読んでませんでした。

 

Twitter経由でオススメを頂き、3巻までまずは読んだ方がいいよ、的なコメントを頂きましたので、即刻3巻まで読んでみました。結果、めちゃくちゃ良かったです。

東雲半月のキャラが良すぎるんですよね。雨宮とどっちが主人公かわからん・・・。あくまで3巻までですが、東雲が自分の技を雨宮に移す事を願い事にしているシーンに凄くジーンときた。半月さん、終わり方までかっこよすぎじゃないっすか?

 

惑星のさみだれは、カロリーさんからオススメを頂きました。

 

14.ヴィンランド・サガ

ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンコミックス)

ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 プラテネスを描く幸村誠さんの「ヴィンランド・サガ」。プラテネスは面白くて2016年度ランキングにも入れさせて頂いていて、いつか読もうと思っていたら、読者の方からちょうど良いタイミングでオススメを頂きました。

 

2巻まで読んだ上での感想になりますが、とにかく面白い。ストーリーは、ヨーロッパ(アイスランドやグリーンランド等)を中心とした海賊達(ヴァイキング)の話。ちなみに「ヴィンランド」は、アイスランドやグリーンランドに住む彼らにとっての理想郷みたいなところのこと。

 

読んでいて、戦の様子や個人同士の戦いが魅力的。イメージとして、物語の雰囲気は「ベルセルク」、話の展開は「キングダム」と言えば伝わりやすいのではないかと思います。ただし、どちらのストーリーが似ている訳ではなく、しっかりとした骨子の上に物語が進むため、全然違う面白さがあります。

 

2巻までの中では、やっぱりトールズとアジェラッドの戦いのところが一番の魅力的なシーンでしょう。お父さん、かっこ良すぎじゃないですか・・・。

 

このマンガはジュニさんからオススメ頂きました。

 

15.ハードボイルド園児 宇宙くん/福星英春

ハードボイルド園児 宇宙くん 1 (LINEコミックス)

めちゃくちゃ面白いギャグ漫画ですね、ハードボイルド園児 宇宙(こすも)くん。中身をどうやって説明したらいいのかわからないんですけど、クスっと笑えること間違いなし。「ニーチェ先生」とか、「坂本ですが」が好きな人には合うと思います。

 

1巻の中では、女子高生の子にからかわれて、コスモパンチするシーンがとても可愛かったです。あと、宇宙くんのお父さんとお母さんもいい味出してます。

このマンガはyuyuさんからオススメ頂きました。

 

16.終わりのセラフ/鏡 貴也,山本ヤマト

終わりのセラフ 1 (ジャンプコミックス)

舞台は13歳以上の大人が死んでしまう未知のウィルスにより子供だけになった時、吸血鬼が現れ人間たちを支配し、血を生産する家畜のような扱いを受けている世界。

 

主人公「白夜優一郎」は、ミカエラとともに白夜孤児院のみんなとともに吸血鬼に捕獲され、血を生産するために扱われていた。2人は孤児院のみんなと吸血鬼の居場所から逃げ出そうとするが・・・吸血鬼に襲われ、優一郎だけが生き残った

優一郎は吸血鬼を滅ぼす事のできる鬼呪装備を手に入れ、人間たちが組織する日本帝鬼軍「月鬼ノ組」として戦っていく、というストーリー。

 

まさに王道少年マンガ、という感じ。連載はジャンプSQでやってるみたいですけど、ジャンプでもいいような面白さですね。

この紹介では、3巻まで読ませて頂いて書いているのですが、ミカエラが吸血鬼になったことと、吸血鬼は血を吸わないと鬼に変貌する、そして月鬼ノ組の鬼呪装備は鬼を基にしているという事を考えると、ちょっと先が予想できてしまうんですが、実際はどうなんでしょうか。引き続き先が楽しみな漫画です。 

 

 

追加更新予定マンガ

下記はオススメ頂いていますが、まだ読めていない作品です。 随時更新予定。お楽しみに!!

16.BLAME!

BLAME!(1) (アフタヌーンコミックス)

BLAME!(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 西クッパさんからオススメを頂いています。

 

17.め組の大吾

め組の大吾(1) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(1) (少年サンデーコミックス)

 

あぶぶさんからオススメを頂いています。 

 

管理人のヒトコト

管理人
あなたのオススメ、お待ちしています。エントリーはコメント欄に書いていただければOKです。あなたのイチオシのマンガ、お待ちしていますっ!!

 

 

 

<スポンサーリンク>