読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがで夜更かし

「なぜあなたは漫画を読むのですか?」と聞かれたら、そこに漫画があるからと答えます。

<完結>ピアノの森 感想【ショパンを中心としたピアノマンガの傑作】一色まこと

音楽
<本日のオススメマンガ>

ピアノの森(1) (モーニングコミックス)

 

「まんがで夜更かし」を訪れていただき、ありがとうございます。どうも、こんにちは、音楽マンガ大好きなススム(@manga_yofukashi)です。

 

以前にも、週間で記事にしている「週間マンガ紀行」の2016年第8回で紹介した、一色まことさんの「ピアノの森」。これ、凄くオススメなピアノマンガ。

今まで、のだめカンタービレ、四月は君の嘘、BLUE GIANTなど、音楽を題材にして、かつ魅力的なマンガはたくさんありますが、それに十分に比肩できる(いや、それ以上にも感じる)のが、この「ピアノの森」なんです。

 

<スポンサーリンク>

 

 

「ピアノの森」のストーリー

小学校に転校してきたピアニストの息子「雨宮修平(あまみやしゅうへい)」は、クラスのガキ大将「キンピラ」に絡まれ、森にあるピアノは誰にも弾けないお化けピアノを弾いてこいと命令される。

確かにそのピアノはキンピラの言う様にまともに音の出ないピアノだったが、その森の近くである「森の端」に住む同じ学校の小学生「一ノ瀬海(いちのせかい)」だけは、何故かそのピアノを弾くことができた。

 

カイの住む「森の端」は、はぐれ者ばかりが住まう場所で、地域からも敬遠されるような場所であったため、カイはピアノの教育を受けた事などなかった。しかし、カイは天性の才能か、音楽教師「阿字野壮介(あじのそうすけ)」の弾くピアノの間違いを指摘したり、同じように弾いてみせる。

元々プロピアニストで一世を風靡した阿字野は、カイの才能に目を付け、コンクールに出場させようとするが・・・

 

 

「ピアノの森」のレビュー

音楽マンガらしい世界観

冒頭に書いた音楽マンガの中で、最も近いのは「四月は君の嘘」だと思います。あのマンガが好きな人にはすごくオススメ。ピアノを弾いている時の世界観(マンガとしての表現)が、似ているんですよね。

ただし、ピアノの森の場合は、カイが森の中に置いてあるピアノを弾いていたという前提があるので、森の中であったり、月光を浴びていたりといった自然と調和するような表現が多くなっているのが「四月は君の嘘」との違いですね。

 

また、ピアノの森は「小学校編」から17歳の高校生まで描かれているため、小学校の描写は他のマンガにはない面白さがあります。

特にその描写を感じるのが、ずっと森で引き続けていたカイが靴を履いて弾けないために靴を脱ぎ捨てるシーン。このシーンの直後に観客を魅了する演奏をするシーンは圧巻でした。

 

 

17年の連載

ピアノの森は1998年から連載が始まり、2015年に最終巻26巻を以って完結しています。連載期間は17年間。不定期連載であったこともあり、年月の割には巻数が少ないように感じますが、それ故に中身が濃密になっているなぁというのが、僕が抱いた印象です。

小学校編ではピアノのシーンはとても魅力的なんですが、割と荒っぽい展開が多い印象なんですが、高校生になってから(特にショパンコンクールが始まってから)は全く別の人が書いているんじゃないかと思うくらい繊細になります。

 

僕自身はそのショパンコンクールが始まってからが大好きで、名だたる名コンテキスト(参加者)達の演奏と、それを上回って審査員の票を獲得していくカイの様子が魅力的で見入ってしまっています。

 

 

雨宮修平とのライバル関係

ピアノの名シーンの数々ももちろん魅力的ですが、もう一つピアノの森には大きな魅力があります。それが、カイのライバルである「雨宮修平」の存在。カイを天才とするならば、雨宮は努力の人。その対比的な表現が、マンガの中のキャラクター像をより鮮明にしてくれているのです。

 

面白いことに、主人公であるカイに対して、ライバルの方が弱い(ピアノに勝ち負けはないので、弱いという表現が正しいのかわかりませんが、メンタル面で弱い事は間違いありません・・・)キャラクター設定になっています。

そのため、カイという天才に苦しめられてきた雨宮の苦悩もピアノの森の魅力になっています。

 

 

ススムのマトメ

管理人
音楽ジャンルの中では、僕の中で1、2位を争う魅力のあるこのピアノの森。今まではのだめと四月は君の嘘くらいでピアノマンガはいいかなと思ってましたが、このマンガに出会った事で他の漫画も読んでみたくなりました。まずは坂道のアポロンを読んでみようかなと思っています。

 

ピアノの森 コミック 全26巻完結セット (モーニングKC)

ピアノの森 コミック 全26巻完結セット (モーニングKC)

 
ピアノの森(1) (モーニングコミックス)

ピアノの森(1) (モーニングコミックス)

 

 

<スポンサーリンク>