読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがで夜更かし

「なぜあなたは漫画を読むのですか?」と聞かれたら、そこに漫画があるからと答えます。

リアルアカウント 1~3巻 感想【あなたのフォロワーが0になると・・・】オクショウ、渡辺静

パニックホラー

リアルアカウント(1)

最近のマンガの流行りでもあるSNSを利用したパニックホラー。そのうちの1つがこの、「リアルアカウント」です。

 

他のマンガはSNSと言っても、一部で使うケースの方が多い(例えば、ダーウィンズゲームとか)んですが、このリアルアカウントはスマホを使うことが前提になっているため、SNSらしさが特に強く出たマンガになっています

 

それでは、あらすじ、感想、考察、行ってみましょう!(巻別のあらすじは、記事後半です)

<スポンサーリンク>

 

あらすじ

全てのSNSサービスが統合された「リアルアカウント」通称リアアカ。政府の積極的な推進により、ほとんどの人が利用しているSNSサービスである。

 

主人公の柏木アタルも、その一人。ただし、みんなに隠れてリアアカを中毒のようにやっている。

 

いつものように、リアアカをやっていると、ある日、いきなり現実とは思えないリアルアカウントの世界に引き込まれてしまった。

 

そこは、リアアカのイメージキャラクター「マーブル」が仕切り、フォロワー0になると死亡、またはゲームの中で死ぬとフォロワー共々死ぬ、という恐ろしい世界だった。

 

感想(ネタバレ有、注意)

退場シーンが置いておいて、ゲームの設定がなかなか面白いです。この「リアルアカウント」。イメージとして、近いのは映画「サマーウォーズ」。そのパニックホラー版とイメージしてもらえれば、いいんじゃないかなと思います。

 

絵はコミカルで、周りの人たちは退場しまくってるのに、緊張感が薄いところが少し違和感がありますが、SNSを利用する便利さと、その裏返しとしての怖さがよく伝わってきます

 

たとえば、2巻の今までの削除ツイートを全て復元して、本人とフォロワーに都合の悪いツイートを公表し、フォロワーの数を0にさせる「黒歴史裁判」。マンガの世界だから一歩引いて見れますが、この「黒歴史裁判」、現実でやられたら困る人結構いるんじゃないでしょうか?

 

今後は、どれだけSNSにちなんだゲームを出して来るか?その辺りが面白さのポイントになりそうです。

 

リアルアカウント(1)

リアルアカウント(1)

 

<スポンサーリンク>

 

巻別まとめ

2巻

リアルアカウント(2)

リアルアカウント(2)

 

 先に紹介した黒歴史裁判が登場する2巻。この巻には、可愛い顔して超ドSな「星名アイジ」が登場します。こいつはヒドイ・・・

 

さらに、後半では柏木アタルのとんでもない黒歴史が・・・。この展開は予想できなかった・・・。

 

3巻

リアルアカウント(3)

リアルアカウント(3)

 

 2巻で柏木アタルが主人公の第一部が終了し、もう一人の主人公「向井ユウマ」が出てくるこの3巻。こちらもアタル同様に、リアルアカウントの中毒者。

 

一番初めは、リアルフォロワー診断から始まるので、1巻と全く同じ展開になっています(「神様の言うとおり弐」で全く同じ話が始まったような感じ)。

 

ただし、二つ目のゲームからは異なっており、「悪いいね」ゲーム、そして、「リア生放送」となっています。この中でもリア生放送の切り抜け方は、見ていて凄く面白いですよ。

<スポンサーリンク>