読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガルチャー

漫画は癒し

シークレットバトミントンクラブ【女の子が男の子に変装してバドミントン?】にいさとる

スポーツ

マンガボックスでまた面白そうなマンガは始まりました。それが、今回紹介する「シークレットバドミントンクラブ」。ちょっと、釣られそうなタイトル名ですよね。

 

内容は、思った以上に(?)ちゃんとしたバドミントンマンガ。バドミントンマンガは以前掲載されていた「はねバド」以来ですね。はねバトも面白かったですが、こちらのシークレットバドミントンクラブの方が、キャラクターが少年誌っぽく、馴染み易くて読み易い。

 

前置きが長くなってしまいましたが、それでは、シークレットバドミントンクラブあらすじ、感想、いってみましょう。

<スポンサーリンク>

 

あらすじ

天戯高校に進学した白鷺太一ことシロ。入部した部活は、先輩3人だけの創立3年目の小さなバドミントンクラブ。団体戦に出るためには、5人の参加者が必要であり、もう一人だけ足りない。

 

そこに現れた、もう一人の新入部員「烏山真」ことクロ。かなりのバドミントンの実力者である彼には、実は女の子という秘密があった・・・。

 

感想

女の子が男の子に化けて、バドミントンをする理由は?

女ん子がわざわざ、男の子に変装して・・・というと、思い出すのが堀北真希さん、前田敦子さんが主演されていた「イケメンパラダイス」、通称イケパラ。

 

このマンガがちょっと違うのは、登場人物であるクロこと烏山は、普段の高校生活の中ではおとなしい女の子で、バドミントンをする時は髪の毛を立てた感じの男の子になっています。

 

そうまでして、バドミントンをやらなければいけない理由は何なのでしょうか。一番の伏線になっているところですが・・・、イケパラ然り、やっぱり好きな男の子に会いたいからなんでしょうか。

 

シロの純粋さに微笑ましくなる

クロと対比されるように描かれるシロは、バドミントン初心者でとっても純粋な男の子。クロが男の子だと思い込んでいた時に気にする事はなかったものの、女の子と分かった途端にドギマギし始めます。

 

第3話のラストで、シロとクロがダブルスを組むような描写がありますから、女の子と気付かれていないクロと、気付いてしまっているシロのコンビが楽しみです。

 

部活の先輩が良い感じ

シロ、クロと共に所属しているバドミントンクラブのメンバーのキャラが凄く優し気なキャラを出していて、いい感じなんですよ。しかも、クロが女の子だと気付きながらあえて触れないという大人な部分まで持ち合わせるというできた人たち。

 

基本的にシロ、とクロがダブル主役で、他のメンバーは見守る役だと思いますから、そういった意味でお兄さん的な先輩3人は重要なポジションですよね。

 

まとめ

バドミントンマンガというだけで、まずテンションが上がってしまうのに加えて、女の子であるクロがなぜ男の子の格好をして、バドミントンをしているのか?という伏線が貼られる事で魅力がアップしている「シークレットバドミントンクラブ」。

 

まだまだ始まったばかりで先の展開は全く読めませんが、シロとクロがダブルスを組んで試合に出る日が楽しみですね。

 

管理人のヒトコト

管理猫
この作者、画力高いと思うんですよね。クロがシャトルを筒に入れるシーンとか結構躍動感あって良い感じ。
<スポンサーリンク>