読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがで夜更かし

「なぜあなたは漫画を読むのですか?」と聞かれたら、そこに漫画があるからと答えます。

<完結>四月は君の嘘 1~11巻 感想 【君は音が躍るマンガを見た事がありますか?】新川直司

恋愛 音楽

四月は君の嘘(1)

モノトーンなマンガなのに、こんなにカラフルに見える作品があっただろうか?今日は、そんな素敵な作品「四月は君の嘘」の紹介です。

 

自分の演奏するピアノの音が聞こえなくなった少年と、そこにいるだけでキラキラと輝くバイオリニストの少女が主役のこの物語。それでは、あらすじ、感想いってみましょう!

<スポンサーリンク>

 

あらすじ

天才ピアノ少年は、死んだ母の幻影に取りつかれ、自分の音を失い、モノトーンの世界を生きていた。
 
そんな、有馬公生(ありまこうせい)は、ある日幼馴染みの紹介で、自由奔放なヴァイオリニスト「宮園かをり」に出会う。
 
カラフルに毎日を奏でながら生きるかをりとの出逢いで、モノトーンの世界で生きる公生の止まっていた時間が動き出す。
 

感想

こんなに音が踊っているマンガ見たことない

クラシック音楽を題材としたマンガといえば、「のだめカンタービレ」、通称のだめ。
のだめカンタービレ(1)

のだめカンタービレ(1)

 

 

のだめも、音が踊っている印象を受けるマンガでしたが、この「四月は君の嘘」はそれ以上。コミックスを読み始めると、オルゴール箱を開けたかのように、音が目に飛び込んできます
 
1巻の見所は、やっぱりかをりちゃんが、ベートーヴェンの「クロイツェル」をコンテストで引くシーン。特に見開きページの「彼女は美しい」の場面。一見の価値が、十分にあります。
 

公生の周りにいる魅力的な友達

公生の友達として、渡(わたる)と椿(つばき)。この二人がまたいいんですよ。
 
ピアノを弾けない公生に対して、特別に気を使うわけでもなく、自然体で接する。
 
椿は、公生にピアノを弾かせようとするシーンがいくつかありますが、渡は全くない。
 
こういった素敵な友達像も、この「四月は君の嘘」で、描かれています。
 

公生の闇が深すぎる

カラフルに描かれることの多い「四月は君の嘘」ですが、それゆえに公生の闇の深さが一層際立つように描かれています。
 
亡くなった母に取りつかれた公生はピアノをしようとすると、母の幻影で、ピアノの音が聞こえなくなる。
 
このトラウマをどのように、描いていくのでしょうか?2巻以降がとても楽しみです。
 

まとめ

これほどまでに、カラフルを持ち合わせたマンガはとても珍しいです。ぜひ、その世界観を味わってみてはいかがでしょうか?
 
それでは素敵なマンガライフをっ!!
 
四月は君の嘘(1)

四月は君の嘘(1)

 

 

巻別まとめ

2巻

四月は君の嘘(2)

四月は君の嘘(2)

 

 公生とかをりの二人で出場するコンクールが収録された2巻。1巻では、あまり出てこなかった、母の幻影という、公生の闇が本格的に顔をのぞかせ始めます。

 

ピアノの音が聞こえない公生は、伴奏者としてどのように臨むのか。公正の苦しみと、演奏のすばらしさで涙を誘うコンクール編、読者もスタンディングオーベーションです。

 

3巻

四月は君の嘘(3)

四月は君の嘘(3)

 

 毎報コンクールがスタートする3巻。やっぱり見どころは、3巻収録の「蜃気楼」で相座武士(あいざたけし)が、バッハを引くところ。かっこいいんだよなぁ。

 

もう一つ好きなシーンを挙げるとすると、公生が寝ているかをりにブレザーを掛けてから、ピアノを弾くシーン。ピアノを聞いてほころぶ、かをりの表情が素敵です。

 

4巻

四月は君の嘘(4)

四月は君の嘘(4)

 

 引き続き、毎報コンクールが収録されている4巻。最初は、もう一人のライバル「井川絵美(いがわえみ)」のショパンから。こちらも相座同様に、引いているシーンがとてもカッコイイ。

 

特に、演奏後半の「響け」という言葉が連呼されるシーン。母の幻影の存在を知らない絵美なのに、ピアノを通じて、有馬に「トラウマに縛られないで」と訴えかけてるかのような、素敵なシーンになっています。

 

そして、後半では、有馬の演奏がスタート。亡き母との最後の言葉など、過去が語られるとともに、トラウマに飲まれ、音を失っていく有馬が描かれています。

 

5巻

四月は君の嘘(5)

四月は君の嘘(5)

 

 三度変わる有馬の演奏。最後の3回目で、ついに有馬の演奏が色づき始めます。そのきっかけは、かをりの存在。

 

この5巻は、これまでの中でも素晴らしい感動を与えてくれ、さらに余韻も残してくれる名巻(言葉が適切ではないかもしれません)です。ぜひ、有馬が演奏を止め、そして再開する「アゲイン」の見開きページを見てほしいです。

 

6巻

四月は君の嘘(6)

四月は君の嘘(6)

 

 ついに、ピアノを本格的にやり始めるためにプロピアニスト瀬戸紘子(せとひろこ)に師事する事になった公生。次の課題は、かをりを一緒に演奏するガラコンサート、曲はクライスラー「愛の悲しみ」。

 

この曲は、公生の母親、早希が好きだった曲で有馬には馴染み深い曲である一方、亡くなった母親に罰の意識を感じている公生にはとても辛い曲。

 

そんな曲を、自分の中から出てくる音で演奏する有馬のシーンが、素晴らしい。このマンガのコンセプトとも言える「カラフルに色付いている」がまさに表現されている巻になっています。

 

ピアノの演奏シーンの他にも、プールサイドで花火をしている最中に、プールに落ち水中から月の光を見る描写のシーンが素敵。水という形がなく描きにくいものが、まるでそこに、タプンとあるように描かれています。

 

7巻

四月は君の嘘(7)

四月は君の嘘(7)

 

 ガラコンサートで、母親「早希」とのお別れを表現しきった公生。四月は君の嘘は、演奏シーンが見所ですが、やっぱり公生の演奏シーンが一番グッときますね。美しい。

 

そして、宮園かをりの入院があるこの7巻では、公生は母親の姿をダブらせてしまいます。5巻の最終ページで言っていた、チャーリー・ブラウンの名言「ぼくがいつもそばにいて助けてあげられるとは限らないんだよ」をなんだか思い起こされるシーンになっています。

 

また、椿がついに公生の事をちゃんと意識し始めるのもこの巻。音楽家という、特殊なキャラクターが多い、四月の嘘だからこそ、普通の人である、椿の嫉妬の様子が生々しく写っており、非情ながらも、魅力的なシーンになっています。

 

 

8巻

四月は君の嘘(8)

四月は君の嘘(8)

 

 かをりの表情が寂しく写っている8巻。内容もまさにその通りで、かをりの病状の悪化がたくさん描かれているシーンでもあります。

 

立てなくなったり、物を持てなくなったり、病気を痛々しく描くシーンもあれば、普段の日常の中で、物を落としたりと、違和感を持たせて描くシーンもあります。

 

もちろん病状悪化により、かをりが可哀想に思うシーンも多いのですが、それよりも切実さをより際立たせているのが、かをりが公生にヒステリックに怒るシーンが多いこと。

 

自分の先が長くないことを認識しているかのような描かれ方になっており、とても切なくなります。

 

またこの巻では、新しいキャラクター「凪(なぎ)」が登場。公生が彼女のピアノの先生になるのですが、今後どんな化学反応を起こすのか。とても楽しみなところです。

 

9巻

四月は君の嘘(9)

四月は君の嘘(9)

 

 かをりの余命が短いことを暗に知ってしまった、公生。かをりに会う勇気も出ず、ピアノにも真剣に打ち込めない、というつらい状況からのスタートで始まる9巻。

 

渡のお蔭で結果的にかをりとちゃんと会い、そしてかをりを勇気づけるために、くるみ音楽祭、通称くる学祭に凪とともに連弾で演奏を決意するのが印象的ですね。最初の頃はピアノを弾くことすら嫌がっていたのに・・・。7巻で母親「早希」との決別をしてから、ピアノを弾くことに対する恐怖心がなくなったんでしょうね。

 

かをりを勇気づけるための連弾ですが、パートナーの凪の心の移り変わりも魅力的に描かれており、公生の人の心を突き動かす演奏の素晴らしさが伝わる巻になっています。

 

10巻

四月は君の嘘(10)

四月は君の嘘(10)

 

 もう涙が止まらなくなってくる10巻、やばいです・・・。

 

10巻の演奏シーンは相座のみ。もちろん演奏シーンはいいんですが、正直9巻の連弾の時の、有馬の「音、消えろ」に比べれば、迫力は薄い気がするので、ちょっと残念なところ。

 

そんな10巻の良いところは、人間関係が動き出すシーンが多い事。

 

椿が公生の事を好きだと伝えたり、公生がかをりの事を好きだと、ちゃんと自覚したり・・・。なんとも言えない、悲しい追いかけっこになっています。

 

かをりの可愛さがあまりに引き立っている面はありますが、椿も(性格的に、乙女で)可愛いと思うんですけどね。

 

そして最後は、かをりの病状悪化で終わる10巻となっています。

 

11巻(最終巻)

四月は君の嘘(11)

四月は君の嘘(11)

 

 もはや多くを語る必要のない11巻、そして最終巻。公生が、かをりのために弾く演奏シーン。そして「四月は君の嘘」のタイトルの意味とは・・・。

 

ぜひその目で確かめてみて下さい。本当に、素晴らしい作品だという事を改めて感じる最終巻になっています。

<スポンサーリンク>