読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがで夜更かし

「なぜあなたは漫画を読むのですか?」と聞かれたら、そこに漫画があるからと答えます。

テニスが題材になっているマンガを9個紹介します!!

まとめ記事
スポーツものは数ある中でも、メジャーな割には意外に少ないのがテニスのマンガ。そんなテニスのマンガをまとめてみました。ちょっとだけ、主観的に見てますがご勘弁を。それでは行ってみましょう!(画像はamazonにリンクしています)

  

テニスマンガの紹介

テニスの王子様

テニスの王子様 (1) (ジャンプ・コミックス)

 

言わずと知れた超大作。初期の頃は、まだまともにテニスをやっていたが、今では、コートの中に海賊があらわれたり、コンクリートの壁に穴ができたり、ネットが燃えたりする。許斐さん、マジに天才です。

 
ちなみに、新テニスの王子様でリョーマの兄、リョーガが出てくるんですけど、この兄貴の「まだまだたぜ」のシーンがなんかかっこ良かった。
  

Happy!

Happy! (1) (ビッグコミックス)

 

 
20世紀少年、monsterなどを書かれている、浦沢さんのテニスマンガ。浦沢さんは好きな人が多いのに、あんまりこの「happy!」は知られてないと思う。
 
テニスマンガとしてもおもしろいけど、人間関係がさらに面白い。特に鳳圭一郎を、あの手この👆手で自分のものにしようとする竜ヶ崎蝶子の策略っぷりが怖かった。
 
完全版も出ているので、新しく買うならそちらがオススメ。残念ながら浦沢さんの作品はkindleが出てません。
  

BabySteps(ベイビーステップ)

ベイビーステップ(1)

 

現在も連載が続いている王道のテニスマンガ「ベイビーステップ」。アニメも二期をやっており、絶好調。錦織くんの活躍も相乗効果としてあると思う。
 
最初は打ちきりの話もあったみたいですけど・・・無事今もやってて良かったです。こちらは別途感想を書いています。

 

 

GIANT STEP(ジャイアントステップ)

GIANT STEP(1)

 

ベイビーステップと名前が似ている「ジャイアントステップ」。エーちゃんとは全く逆の主人公の設定で、ヤクザの組長の息子が主人公。人気がなかったのか、すぐに打ちきりになっている。
  

スタービート

STAR BEAT!!(1) (講談社コミックス)

 

表紙のキラキラ巻が何とも言えないマンガ。中身もその期待を裏切らず、主人公の名前が皇(すめらぎ)だし、必殺技が「スーパーノヴァ」という中二病全開な感じ。テニスの王子様がなければ、人気が出たと思うけど、テニプリのブッ飛び具合が凄すぎて、残念ながら、この漫画がもはやチープに見えてしまう。人気がなかったのか、2巻で完結。
 
 

てーきゅう

てーきゅう 1 (アース・スターコミックス)

 

4コマギャグマンガ。故にボールをまともに打つシーンが最初の二話に一球もない。趣味に合わなくて、二話で読むのをやめてしまった。人気はあるみたい。
 

エースを狙え

エースをねらえ! (1) (ホーム社漫画文庫)

 

超名作の「エースを狙え」。僕は読んだことないんですけど、一応挙げときます。
 

STAYGOLD(ステイゴールド)

ステイゴールド 3 (少年マガジンコミックス)

「シュート」などの名作を書かれている大島さんの作品。残念ながら読んだことはないので、今後読んでみたいと思ってます(でも、kindleにないんだよなぁ) 。残念ながら3巻で完結。
 

テニスラ+テニスキ

comico(コミコ)で連載されているたて読みのテニスマンガ。派手な技とかは出てこないけど、それがいい。初期のベイビーステップを見ているよう。もうちょっと絵が上手かったらなぁ。
 

まとめ

改めてまとめてみると、テニスマンガってまともにテニスしてるマンガ少ないですよねぇ。まぁ、打ち方も数種類しかないし、個人競技なんで、チームプレーみたいな物語も出来ないから技に走っちゃうんですかね。
そういう意味では、ベイビーステップは精神論を盛り込んだ事が他のマンガとの差別化で、人気が出たポイントなのかもしれません。