読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがで夜更かし

「なぜあなたは漫画を読むのですか?」と聞かれたら、そこに漫画があるからと答えます。

東京喰種:re :67 「器移」 カネキが記憶を失い、ハイセになるまでの回想

どんどん今までの伏線が明らかになっていく東京喰種:re。第66話「古き護り」では、旧多が宗太であること、そして和修家の一族である事が明らかになりました。 

 

第67話「器移」では、伏線回収から一転、ついに流島への上陸作戦が始まりました。まさに最終決戦の様相を呈しています。それでは、67話の感想、気付き、いってみましょう。

<スポンサーリンク>

 

第67話「器移」の感想

CCGメンバーが流島に上陸

冒頭にも書いた通り、今までの伏線回収から、ついに戦闘に転換したストーリー。最初の接触は、ミザ率いる三枚刃の一団と、特等捜査官「法寺、宇井、什造」3人の戦闘です。ちょっと、戦力差が大きすぎる気が・・・。

 

そして、六月を救うためにQs班も上陸。この見開きのページ、全員とてもかっこいいですね。特に、瓜江のリーダーとしての成長っぷりが感じられるシーンに仕上がっています。もはや最初のワガママっ子だった時が懐かしい・・・。

 

ハイセとしての回想シーン

この第67話で、V-14での戦闘において、カネキが有馬に敗れてから、コクリアに閉じ込められていた時の様子が初めて明らかになりました。中でも有馬さんの冷徹っぷりが凄いですね。戦闘であれだけエゲつない事をしておいて、普通に接することができるとか・・・。

 

この描写の中で気になるポイントは、今まで喰種を駆逐してきた死神がなぜカネキに興味を持ったのか、ということ。V-14のラストでは「クインケがいる」というくだりで終わっていた一方で、カネキはクインケになったわけではありませんし・・・、最終回で写っていた有馬の横のクインケのジェラルミンケースの意味するところも謎ですよね。

 

有馬が「隻眼の王」である可能性が非常に高いですから、このあたりの伏線がラストで回収される事を楽しみにしています。

 

コクリアの戦闘もスタート

コクリアに突入しようとする万丈とアヤト。そのアヤトがコクリアのカギを開けようとしますが、どうもその前にセキュリティが外された様子。

 

これはハイセが先にセキュリティを開けたんでしょうね。ハイセの最終的な目的は、有馬を倒す事になっていそうなので、その布石の匂いがプンプンしています。

 

コクリアには、エト、ヒナミに加えてドナート・ポルポラもいますから亜門が登場するとすれば、流島ではなくコクリアのような気がしてなりません。

 

まとめ

もはや最終戦のような様相になってきたストーリー展開。それ故に、面白さのピークがどんどん上がってきています。毎週ヤングジャンプが楽しみでなりません。早く来週になってくれー!

 

東京喰種トーキョーグール:re 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

東京喰種トーキョーグール:re 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

管理人のヒトコト

管理人
このまま最終回を迎えてしまったら、新しく登場したQs班のメンバーどうするんだ・・・?
<スポンサーリンク>