読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんがで夜更かし

「なぜあなたは漫画を読むのですか?」と聞かれたら、そこに漫画があるからと答えます。

東京喰種:re :73 「花」 カネキと有馬の本気の戦闘

有馬との戦闘シーンで終わった東京喰種:re、第72話「失神と伝導」。有馬との戦闘を前に、カネキが覚悟した様子が見て取れるシーンが多かったように思います。 

73話では引き続き、有馬とカネキの戦闘シーンが中心。そして、少しだけ流島(ルジマ)での様子も映されていました。それでは、73話の感想、気付きいってみましょう。

<スポンサーリンク>

 

 

感想・気づき

有馬は誰だったら勝てるの?

有馬の限界はどこにあるんでしょうね。記憶の戻ったカネキは、エトを倒すほどの実力を持ちながら、有馬には余裕で負けているような描写が多く映っています。

特に最後の「まじめにやれ」のシーンなどは、有馬の盤石な強さを物語るシーンのほかなりません。

 

如何にラスボスキャラといっても、これだけ実力差が離れていると、どうやって有馬を倒すのか、その方法が全く見えません。

ただ、現状で考えられる事とすれば・・・、

 

  1. カネキが足を切られた事をキッカケに百足の赫者に
  2. カネキに混ざったエトの赫子でドーピング
  3. 亜門がいきなり助けに来る
  4. コクリアにいたドナートがカネキを助けるために参戦

 

くらいでしょうか。他にも、シロナ、クロナとかも可能性としてはあるくらいかな。フロッピーの動向がわからないんで、予想はいくらでもできそう。

カネキ一人の力で勝てそうなビジョンというのはなんとなく無さそう。

 

流島での状況は少しだけ

ずっとコクリア戦ばかりやっていたので、状況がはっきりとわからない流島。今回少しだけ明らかになり、今から上陸作戦が本格化しそう。

 

六月は相変わらずトルソーと一緒。瓜江班のメンバーが取り囲んでトルソーはどんな感じになるでしょうか。

ちょっと、退場ムードが漂っているような気がするのは僕だけでしょうか。

 

まとめ

ここ最近の中で最も戦闘シーンが多かったのでは?と感じる東京喰種:re第73話。足を切られてしまったカネキは敗戦ムードが出ています。

しかし、ここで一発逆転の何かを持っているのが主人公。

 

敗戦ムードを一周するために、74話においてカネキと有馬の間で、何か驚きの展開があるのではないかと、勝手に妄想しています。

 

東京喰種トーキョーグール:re 6 (ヤングジャンプコミックス)

東京喰種トーキョーグール:re 6 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

<スポンサーリンク>