無料で読めるマンガ研究所

無料で読めるスマホアプリの漫画を紹介中

ゆうべはお楽しみでしたね【MMORPG、ドラクエXを通じて育む純粋な恋】金田一蓮十郎

ゆうべはお楽しみでしたね(1) (ヤングガンガンコミックス)

今回紹介するのは、オンラインRPG(MMORPG)である「ドラクエX」をテーマにしたマンガ「ゆうべはお楽しみでしたね」。奥手なネカマ男子と、ある意味男前なギャルとのルームシェアを描いた物語です。

それでは、「ゆうべはお楽しみでしたね」のあらすじ、感想いってみましょう!

「ゆうべはお楽しみでしたね」あらすじ

主人公は、種族プクリポの「パウダー」ことパウちゃん・・・ではなく、それを操るネカマの「さつきたくみ」。可愛いプクリポとは異なり、高身長なコミュ障な22歳。

同じチーム「ヘブンスライム」で活動するメンバーである、オーガ♂を使う「ゴロー」さんが、引っ越し先を探しているという事をきっかけに、部屋が余っているさつきくんは、ルームシェアを提案する。

引っ越し当日、待ち合わせ場所に、オーガ♂とはかけ離れた、ギャル「ゴローさん」がいて・・・。

 

よくある勘違いから始まる恋だが・・・

恋愛モノによくある、勘違いから始まる恋の代名詞みたいな展開から始まるのは王道なんですが、ネットゲームである「ドラゴンクエストX」を題材にしているのは凄く面白いですよね。

リア充なイベント盛りだくさんで、二人の距離を縮めていくストーリーの恋愛マンガももちろん面白いですけど、自分の分身であるネット上のキャラクター達を通じて、二人が親身になっていくようすもなかなか見ていて楽しいところ。

他にも、さつきがオフ会で出会う他の人の事を楽しそうに話すのに対して、ゴローさんがちょっと嫉妬する様子とか、この漫画ならではですよね。

 

ドラクエXを知らなくても楽しめる

この「ゆうべはお楽しみでしたね」の素晴らしいところの一つに、「ドラクエを知らなくても楽しめる」というところにあります。

僕は、VやⅥはやったことあるんですが、ネットゲームは経験なし(ドラクエだけではなく、他のネットゲームも)。それでも世界観がよく伝わってきます。

なんというか、筆者の説明が凄く丁寧なんですよね。実際にやったことなくてもよくわかるんです。ですから、「ドラクエしらないからいいや~」というのはもったいないですよ。

 

3D彼女が好きな人にオススメしたい

このマンガを初めて読んだ時に、設定が似ているなぁと思ったのが「3D彼女(リアルガール)」。こちらもコミュ障の男の子がギャルと付き合う話。

 

3D彼女が好きな人は、「ゆうべはお楽しみでしたね」を読んでほしいし、その逆も然り。ぜひオススメです。

 

まとめ

宝島社の「このマンガがすごい2016」で、「ヲタクに恋は難しい (1)」がランキング1位になったのが記憶に新しいところですが、この「ゆうべはお楽しみでしたね」も近いところを感じる作品。

イケメンと美女の完璧彼氏、彼女ではなくてある意味現実志向なキャラクターの味付けにマンガ業界がなっているんですかね?

ちなみに、この「ゆうべはお楽しみでしたね」フルカラー版もあるので、そちらで見てみるのもいいかもしれません。

 

関連書籍

 

 

2巻感想

ゆうべはお楽しみでしたね 2巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

ゆうべはお楽しみでしたね 2巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

 

 1巻でも可愛いゴローさんと、さつきさんの関係でしたが、二人のピュアな恋が(ドラクエを通じて)育っていく2巻。一緒にスライムのパンケーキを食べに行ってくれる可愛い彼女とか、最高じゃないですか?

さらに、2巻で一番面白いのが、家で風邪を引いて寝込んでいるさつきに気付かず、家で一人満喫するゴローさんのシーン。これヤバイぜ・・・可愛すぎ。ルームシェアだと実際にこんなことあるのかなぁ。